銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

玉音放送の原盤がようやく公開されましたね。
今まで「耐えがたきを耐え、忍びがたきを…」のところだけが有名でしたが、全文を聴くと時を越えていろんな思いが浮かびます。

正式な原文は国会図書館やWIKISOURCE 日本語版「大東亞戰爭終結の詔書」で見れます。
ここでは原文を読みやすいひらがな句読点にして、その後に現代文訳をつけてみました。

ひらがな句読点による原文



朕深く世界の大勢と帝國の現状とに鑑み、非常の措置を以て時局を收拾せむと欲し、茲に忠良なる爾臣民に告ぐ。
朕は帝國政府をして米英支蘇四國に對し其の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり。
抑ゝ帝國臣民の康寧を圖り萬邦共榮の樂を偕にするは、皇祖皇宗の遺範にして朕の拳々措かざる所、曩に米英二國に宣戰せる所以も亦實に帝國の自存と東亞の安定とを庶幾するに出て、他國の主權を排し領土を侵すが如きは固より朕が志にあらず。
然るに交戰已に四歳を閲し、朕が陸海將兵の勇戰朕が百僚有司の勵精朕が一億衆庶の奉公各ゝ最善を盡せるに拘らず、戰局必ずしも好轉せず世界の大勢亦我に利あらず。
加之敵は新に殘虐なる爆彈を使用して頻に無辜を殺傷し慘害の及ぶ所、眞に測るべからざるに至る。而も尚交戰を繼續せむか終に我が民族の滅亡を招來するのみならず、延て人類の文明をも破却すべし。斯の如くむは朕何を以てか億兆の赤子を保し皇祖皇宗の神靈に謝せむや。
是れ朕が帝國政府をして共同宣言に應せしむるに至れる所以なり。
朕は帝國と共に終始東亞の解放に協力せる諸盟邦に對し遺憾の意を表せざるを得ず。
帝國臣民にして戰陣に死し職域に殉し非命に斃れたる者、及其の遺族に想を致せは、五内爲に裂く。且戰傷を負ひ災禍を蒙り家業を失ひたる者の厚生に至りては朕の深く軫念する所なり。
惟ふに今後帝國の受くべき苦難は固より尋常にあらず。
爾臣民の衷情も朕善く之を知る。
然れども朕は時運の趨く所、堪ヘ難きを堪ヘ忍ひ難きを忍ひ、以て萬世の爲に太平を開かむと欲す。
朕は茲に國體を護持し得て忠良なる爾臣民の赤誠に信倚し常に爾臣民と共に在り。
若し夫れ情の激する所濫に事端を滋くし、或は同胞排擠互に時局を亂り、爲に大道を誤り信義を世界に失ふが如きは朕最も之を戒む。
宜しく擧國一家子孫相傳ヘ、確く神州の不滅を信じ、任重くして道遠きを念ひ、總力を將來の建設に傾け、道義を篤くし志操を鞏くし、誓て國體の精華を發揚し、世界の進運に後れざらむことを期すべし。
爾臣民其れ克く朕が意を體せよ。

御名御璽

昭和二十年八月十四日




現代に訳するにあたり、当時の昭和天皇の立場から「朕」はよく見かける「私」ではなく「余」とした方が雰囲気が保てると考えました。
 国体は言い換えが困難な言葉なのでそのままとしました。たぶん軍部、学者、国民、天皇など立場が違うとその意味も違っていたのではないかと思われます。
 なぜ過去には公開されずに今年になって公開されたかと考えると、昨今の独裁暴走的な政治に対する天よりの戒め、昭和天皇が軍部の暴走を止められなかった後悔を繰り返すまい、風化させずに語り継いでいくべしという天の意志が働いてるように思います。


現代文訳



 余は深く世界の大勢とわが帝国の現状とを思慮し、非常の措置で時局を収拾しようと決心し、ここに忠実かつ善良なあなたがた臣民に伝える。
 余は帝国政府が米、英、中、ソの四ケ国に対して、それらの共同宣言を受諾することを通告せよと命令した。

 そもそも帝国臣民の平穏安寧を図り、東アジア諸国の繁栄を皆と喜び楽しむことは代々天皇が伝えてきた理念であり、余が常々大切にしてきたことである。
 先に米英二国に対して宣戦した理由も、真に日本の自立と東アジア諸国の安定を強く願うことから出たもので、他国の主権を排除して領土を侵すようなことは元より余の望むところではない。
 しかしながら交戦から四年を過ぎ、我が陸海将兵の勇敢な戦いも、我が多くの公職者の懸命な仕事も、我が一億臣民の奉仕もそれぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、戦争の状況は必ずしも好転せず、世界の大勢もまた我国に有利ではない。
 そればかりか、敵は新たに残虐な爆弾を使用して、全く無実の市民までをも殺傷し、悲惨な被害がどこまで広がるか予測すらできない。
 それでもなお戦争を継続するならば、ついには我が民族の滅亡を招くだけでなく、ひいては人類の文明をも破壊してしまうだろう。
 このようなことになれば、余は一体どうやって未来の億兆の民族の子供を守り、代々の天皇の御霊に謝罪できるだろうか。
 これこそが、余が帝国政府に対し共同宣言に応じるよう(降伏するよう)命じた経緯である。

 余は、日本と共に終始東アジア諸国の解放に協力してくれた同盟諸国に対しては遺憾の意を表せざるを得ない。
 帝国臣民であって戦陣で戦死した者、公務にて殉職した者、戦災に倒れた者、さらにはその遺族の気持ちに想いを寄せると、我が五体を引き裂かれる思いである。
 また戦傷を負ったり戦災を被って家業を失った人々の再起について、余が深く心を痛めているところである。
 考えるに今後帝国の受けるべき苦難はきっとはなはだ過酷なことだろう。
 あなたがた臣民が(降伏を)悲しむ心も余はよく理解している。
 しかしながら、余は時局情勢の行方を受け止め、耐えがたい思いを耐え、忍びがたい思いを我慢して、永遠に続くこの世を守るために、(降伏して)平和な時代を開こうと決心したのである。

 余は、ここに国体を維持でき、善良なあなたがた臣民の忠誠心を信頼し、常にあなたがた臣民と共に過ごすことができる。
 もし感情の高ぶりからむやみに事件を起したり、あるいは仲間を陥れたりして互いに世情を混乱させ、そのために正しい道を踏み外して世界の国々から信頼を失うようなことは、余が最も強く戒めるところである。
 ぜひとも国を挙げて一家の子孫にまで語り伝え、誇るべき自国の不滅を確信し、復興の責任は重くかつ道のりは遠いことを覚悟し、総力を将来の建設に傾け、道徳と正義を常に心がけ清らかな心を堅持し、誓って国体の精華を発揚し、世界の進歩に遅れを取らぬよう決意しなければならない。
 あなたがた臣民は、全て余の意を理解し行動せよ。




 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 プログ村


 ホーム トップへ




このページのトップへ

コメント

お久しぶりです。
一年ぶりくらいにブログ村のチェックをしていたら銀河さんの新着記事が!
と言ってもこの記事も2か月前…。
ご無沙汰しちゃってすみません。
気づいていただけるかな?

メールもありがとうございます。
体調はどんな感じですか?
今年の夏は暑かったので大変でしたね。
また明日にでもメールで近況報告させていただきます。

  • 2015/10/09(金) 02:53:57 |
  • URL |
  • ia. #DQukzmQA
  • [編集]

ia. 様 お久しぶりです!

更新はサボッていますが、体調はよくなりました。

そろそろちゃんとしたお話で更新しないといけませんねえ(笑)
それでは、メールも楽しみにしてます!

  • 2015/10/09(金) 14:03:09 |
  • URL |
  • 銀河径一郎 #7VZ5bVfM
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。