銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
 都心の駅ビル5階にある本屋で雑誌を立ち読みしたヒロは、帰りの電車に乗るためにエスカレーターでフロアを下った。

 すると今まで見かけない小さな店が目に入った。
 新規に開店したのだろう。ポスターのポップにダイエットという文字がある。
 30歳前ぐらいの女性が涼やかな声で「今、話題の新製品で~す。豪華抽選もありますよ」と呼び込みをしている。ダイエット食品を販売しているようだ。
 その前を通りすぎようとしたヒロの視界に1等脂肪吸引手術一式!というフレーズが飛び込んできた。2等二重瞼手術、3等隆鼻手術、4等しみ取り、5等ポケットティッシュと続く。
 1等をマミのクリスマスプレゼントにしたら喜ぶだろうな。ヒロはつい商品に目を向けて値段を確かめた。
 すかさず女店員が声をかけてくる。
「彼女にプレゼントですか?」
「えっ、ええ、まあ」
「きっと気に入ると思いますよ、このエチラーゲEX」
 ヒロは思わずツッコミを入れた。
「なんだか、いやらしそうなネーミングですね」
「あはっ、これは主成分がエチゼンクラゲなんですぅ」
「そ、そういうことか」
「ええ、エチゼンクラゲのゼリーですから、すぐ満腹感があって、臨床試験ではすごい好評だったんですよ」
「ところで抽選は一個で?」
「はい、ひと箱で一枚です」

 ヒロはひと箱買ってガラポンに挑戦した。が、停止したガラポンの小穴からポロリと転がり出てきたのは無地の玉。あっさりと末等のティッシュ確定だ。
「ありがとうございました」
 女店員はそう送り出そうとしたが、唸って肩を上下させていたヒロは言う。
「へへへっ、もうひと箱」
「あ、はい」
 女店員はかすかに苦笑しながら商品と抽選券を渡した。

 しかし、何十回挑戦しても当たるのはティッシュだけだ。

 女店員は可哀想になって「もうあきらめますか?」と聞いてくる。
 ヒロは「まさか当選の玉が入ってないんじゃないだろうな」と呟いてみる。
「まさか、まだ出てませんから入ってますよ。ぶっちゃけ、この店は美容外科が副業でしてるのでチケットなんて仕入れはタダなんです、あ、これオフレコで」
「おお、ぶっちゃけサンキュ、やる気が復活したあ、もう一個」
 ヒロは念を込めてガラポンのハンドルを回した。回転するガラポンの中で抽選玉がガラガラと弾け、そして止まった。しかし、コロコロと転がり出た玉はまたティッシュ。
 ヒロは熱くなっていった。

 一体、何箱、エチラーゲEXを買ったかは覚えていない。すぐに現金が足りなくなりクレジットカードでどんどん買い増したのだ。そして何十、いやもしかしたら百回越えのガラポンの挑戦の時だ。
 その時、ヒロは自棄になって「ティッシュ来てみろ」と心に唱えていたのだが、出て来た玉は今までと違った。それは黄金色に輝いていた。
「出ました、1等、大当たり! 1等、大当たり!」
 それまで憐憫と軽蔑の混ざり合った目でいた女店員がハンドベルを振り鳴らし歓喜の声を張り上げた。
 カウンターで待望の脂肪吸引手術のチケットを受け取ったヒロは有頂天だったが、女店員は苦笑しながら言った。
「それで商品なんですが、合計414個、うちのダンボール箱で5個になるんでお持ち帰りは無理ですよね。どうします、送りましょうか?」
「そ、そんなに」
 ヒロはダンボール箱5箱分のエチラーゲEXの代金を考えるのが怖ろしくなった。ひとつ5000円なのだから200万以上だ。もしかしたらこれって普通に手術した方が安かったりして。
 バ、バカな。それにエチラーゲEXだって414箱もついてくるんだぞ。
 頭に浮かんだ発想を断固、必死に打ち消してヒロは配送伝票に住所を書いた。

 ◇

 イヴの夜、誰もが浮き足立って家路を急ぐように見える中、ヒロもマミの待つ部屋に急いだ。

「ただいま」の挨拶もそこそこにヒロとちょっと太り気味のマミは肩を抱き合ってダイニングに入った。
 飾りつけをしたテーブルに料理とケーキが並ぶ。 
 二人で乾杯をすると、互いにプレゼントを交換する。マミはラッピングした箱を渡し、ヒロは子供向けのクリスマスブーツを渡した。
「わあ、ありがとう」
 マミは嬉しそうにブーツを開けた。
「マミ、やっぱり嬉しいだろ、そのブーツ」
「うん。いくつになってもときめくよね」
 マミはお菓子の間から封筒を見つけ中身を取り出した。
「すっごい、脂肪吸引手術のチケットじゃない? 高かったでしょ」
 ヒロはまさかとでも言うように首を左右に振り、微笑んだ。
「これで間違いなく痩せられるわ、ありがとう」
「副賞としてこれもつけちゃう」
 ヒロはエチラーゲEXの箱を差し出した。
「ほんとに、ありがとう!」

「じゃあ、今度はマミのプレゼントを開けるよ」
 ヒロは箱を開いて驚いた。
 そこに入っていたのはカツラだ。
「ありがと! 前から欲しかったんだ、時々、バカにされてたんだよ」
 ヒロは自分の薄くなった頭の上にカツラを乗せてマミを見詰めた。
「そういえば、マミ、夏頃は髪の毛が背中の途中まであったのに、今は肩にかかるぐらいだな。いつの間に切った?」
「9月の終わりぐらいよ」
「へえ、あんまりわからなかったよ」
「鈍感ね」
「って、もしかして、まさか、このカツラはマミの切った毛で作ったとか?」
 ヒロが言うとマミは指を立てた。
「えへへ、すごいでしょ。デパートの売り場の人に無理やり工場を聞きだして、台紙の網みたいな素材を分けてもらって、2ヶ月かけて私が一本一本くくりつけたんだよ」
 マミは鏡を向けてヒロの姿を見せた。そこには豊かな髪が、特に前髪がとんがって前に突き出して上にカールしている。
「おー、カッコイイねえ、『あしたのジョー』みたいだ、ずっと憧れてたんだ」
「でしょ、よかった喜んでもらえて。それにヒロちゃんは時々『へへへっ』ていう口癖があるから知らないひとにこいつは危ないぞと警戒されちゃうから、その理由もわかってもらえていいかもよ」
「そうなんだよ、『あしたのジョー』がものすごく好きだったから、つい、『ヘヘヘッ』てのが口癖になっちまってよ、へへへっ、おっちゃん、すまねえな」
「やだ、おっちゃんじゃないってば。ふふふ、私もスリムになったら結構いけるかもしれないし、ヒロちゃんも『あしたのジョー』好きな彼女が出来るかも。そしたら兄妹ですごすクリスマスはきっと今年が最後だよ」

 窓の外には東京には珍しく雪がちらついていた。無垢な兄妹はひとしきり来年の話をし合った。





「はげ」は多分に遺伝的な病気であり、「でぶ」は精神的な弱さの病気です。しかし、社会にはこれらを侮蔑し嘲笑する傾向があります。そういう差別を受けている無垢な兄妹が差別を笑い飛ばそうと書いたつもりです。

 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 プログ村

 ホーム トップへ



このページのトップへ

コメント

賢ちゃんの贈り物!

クリスマス競作、ありがとうございます。
Oヘンリーの賢者の贈り物ってやっぱりすごいアイディアですよね。このパロディもその魅力を逆手にとった感じで、ユーモアたっぷりですね。兄妹、幸せな未来が待っているのでしょうか??

  • 2010/12/10(金) 20:45:36 |
  • URL |
  • 矢菱虎犇 #Io9ablOQ
  • [編集]

◆矢菱虎犇様 ありがとうございます。

せっかく髪の毛を切るんだったら、兄のかつらのための方がわかりやすいと思ったんです。
私は単純なひとが幸せになれるのがいい社会だと思ってます。当然、幸せになるんですよ!

  • 2010/12/10(金) 23:18:59 |
  • URL |
  • 銀河径一郎 #7VZ5bVfM
  • [編集]

なるほど、賢者だ

おもしろいですね。
途中まで読んで、ヒロってアホだな~と思いましたが、なるほど!うまいパロディーになってますね。
ふたりが兄妹だったことも意外でした。
仲良し兄妹に、春が来るといいですね。

  • 2010/12/11(土) 09:59:03 |
  • URL |
  • りんさん #-
  • [編集]

◆りん様 ありがとうございます。

ちょっと思いつきでまたO・ヘンリーを借りてみました。
パロディーになってましたかね、そう言ってもらえるとホッとします。
兄妹によい春が来てほしいです!

  • 2010/12/11(土) 22:00:18 |
  • URL |
  • 銀河径一郎 #7VZ5bVfM
  • [編集]

こんばんは♪

兄妹でしたか!
仲のいい兄妹、微笑ましい……かも?^^
来年はきっと……?

それにしても、ダイエット食品って、高いですよね~(--;)

  • 2010/12/11(土) 23:39:38 |
  • URL |
  • 巽 #jdMQ17Ic
  • [編集]

デブとハゲ

デブでハゲの人って結構いますよね。
あるはずのものがない。
なくていいものがありすぎる。
そういう矛盾が、人々を困惑させ嫌悪や中傷へと繋がるんでしょう。
しかし、それを笑いに変えることができる人たちも世の中にはいるんですよね。
すばらしいことです。
って、兄妹っすか!?

  • 2010/12/12(日) 00:41:14 |
  • URL |
  • ヴァッキーノ #UXr/yv2Y
  • [編集]

◆巽様 ありがとうございます。

兄妹て微笑ましいですよね。姉弟になるとちょっと姉に弟が依存しそうな雰囲気とその反発が面白かったりする。
原価を考えたらダイエット食品ってダーティーですよね(^^;

◆ヴァッキーノ様 ありがとうございます。

不思議なことに、よくイラストされるグレイタイプの宇宙人はハゲてるのに誰にも悪口を言われないんですよね、どうして? (笑)
兄妹がひとつのオチでした。

  • 2010/12/12(日) 10:12:08 |
  • URL |
  • 銀河径一郎 #7VZ5bVfM
  • [編集]

O・ヘンリーづくしですね。
アホ兄妹、いえ賢者たちのセンスのよさに脱帽です。(カツラだけに)
特に最後の方の壊れっぷりはすごすぎますね。
なんで『あしたのジョー』なんだ~!
「へへへっ、おっちゃん、すまねえな」って~!
ってツッコミどころ満載です。
おかしな三題噺でもムチャブリされましたか?(笑)

またまた余談ですが、天野教授たちのお名前は酉彦さんと辰彦さんなんですね。
来年は兎彦さんが登場するかな?(笑)

  • 2010/12/16(木) 01:34:41 |
  • URL |
  • ia. #DQukzmQA
  • [編集]

◆ia. 様 ありがとうございます。

賢者兄妹といえば宮沢賢治ですね。
「あめゆじゅとてちてけんじゃ」 て、ズバリ賢者も入ってますし、目頭が熱くなります。

あ、テレビでチラと見たら来年は卵年だっていうから卵彦かと思ってたけど、兎でしたか(笑)

  • 2010/12/16(木) 11:41:58 |
  • URL |
  • 銀河径一郎 #7VZ5bVfM
  • [編集]

競作企画 盛り上がりましたね。
今回 タイミングを逃してしまってコメントできませんでした。
でもしっかり楽しませていただきましたよ。
「えぇー」とか「兄弟かい!」とか しっかりツッコミながら
読ませていただきました。
ありがとうございました。
では メリークリスマス!

  • 2010/12/25(土) 17:55:09 |
  • URL |
  • もぐら #8tY9vXl2
  • [編集]

◆もぐら様 ありがとうございます。

競作企画、皆さん凄い勢いで書いてましたが、私はたったひとつ(汗)
来年は卵年だそうですが、脳ある鷹は爪を隠してるものです。その隠し爪で殻を破ってみせますよ(^^;

  • 2010/12/27(月) 23:46:28 |
  • URL |
  • 銀河径一郎 #7VZ5bVfM
  • [編集]

はい!楽しみにしています。(^-^)
よいお年をお迎えください。

  • 2010/12/28(火) 00:16:13 |
  • URL |
  • もぐら #8tY9vXl2
  • [編集]

◆もぐら様 ありがとうございます。

レスまで返していただいてありがとうございます。
もぐらさんもよいお年をお迎え下さい。

  • 2010/12/30(木) 00:17:53 |
  • URL |
  • 銀河径一郎 #7VZ5bVfM
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    『地球人も宇宙人』。
    写真はッシェル・ポルナ
    レフの真似です

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。