銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
「1Q84」のBook3を読みました。

 今回は普通は読書時に抱かない興味、つまりそもそもBook2で完結だったのか?それともBook3は予定通りで、あざとい姑息な演出が行われたのかというあたりも気になって確かめてみたくてって、なんだかトータルですっかり新潮社の戦略に乗せられているようで悔しいんですが(笑)、ひとことで言えば2で終わるよりはずっとよかったです。

 Book2の終わり方はどうみても肝心の天吾と青豆の関係が未消化ですし、他にもいくつか疑問が残っていましたが、Book3では疑問のひとつである方向の過ちが是正されたし、後でまた触れますが、求められる終わり方に到達したと思えました。 
 やはりBook3まで当初の予定通りだったように思います。

 そもそも村上春樹の主人公は、初期の作品から体育会系とは対極の独特の比喩表現を持つ内省型人間で、ひけらかすわけではないがぺダンティックな性向があり、時折言及される本や曲や商品の固有名詞はむしろ逆に主人公の感じるリアリティの根拠の薄さを印象付けるところもある。なぜか権力者から恫喝されて、慎重に歩みを進めつつも、いつしかこの世界と少し違う世界に迷い込んで戻って来るのに苦労するという印象です。つまり実用性の乏しい男なわけで、女性読者がファンになるにはちょっと壁があるのかもしれない(笑)

 ミステリーとは若干違うと思いますし、ネタバレは気にせずに書くので未読の方のために以下は反転表示しておきます。 読みたい方は以下の部分をマウスドラッグ等範囲選択して見てください。

ここよりBook1からBook3までのあらすじ


 1984年の東京。スポーツインストラクターをしている青豆というヒロインが渋滞する首都高から徒歩で地上に降りるところから話が始まる。青豆が急ぐ先はホテル。そこで青豆は従業員のふりをして有能なビジネスマンかつDVの加害者でもある男を暗殺する。
 もう一人の主人公天吾は予備校の数学教師であり同時に小説家志望。新人賞の下読みもしている彼はふかえりという少女が小説の新人賞に応募してきた「空気さなぎ」という話に惹きつけられ編集者に強く推す。すると編集者も強く惚れ込んでおり天吾にリライトさせ新人賞を取らせるという陰謀に加担するよう迫る。
 天吾は10歳の時にクラスの嫌われ者だった青豆と教室で手を握り合い、以来互いの気持ちは知らぬまま強い恋心を持ち続け、性体験を重ねた今も互いを恋慕い、なおかつきっかけもなく互いの居場所を探そうともしていなかった。
 一見、二人のしていることは接点がなさそうだが、いつのまにかカルト教団の心臓部を脅かすことになり、離れ離れのまま非常に危険な状況に追い込まれる。
 新人賞の陰謀加担への態度を決めかねたまま「空気さなぎ」のリライトに着手した天吾は「空気さなぎ」の独特な引力に取り込まれ、ふかえり本人と接して承諾を得ていよいよ危険な事態に巻き込まれてゆく。
 一方、青豆は記憶と事件の相違からこの世界が自分の知っている1984年と違う1Q84年なのだと悟る。
 青豆は影の仕事の雇用主である柳屋敷の老婦人から信者の娘をレイプしているカルト教団のリーダーの暗殺という難易度の高い仕事を打診され、失敗した場合に備え拳銃で死ねるように訓練を始める。
 いよいよ暗殺実行の時が訪れ、筋肉のストレッチという名目で教団のリーダーに接した青豆は彼が青豆の暗殺の意図を予知していること、また放っておいてもまもなく彼が死ぬことを知るが、彼すら操るリトル・ピープルという存在がいるのだと明かされる。青豆はリーダーに、彼を殺して天吾を救い自らは怒り狂う教団に殺されるか、リーダーを見逃し一瞬の死より辛い死に至らせその間に青豆が助かり天吾がリトル・ピープルたちに殺されるかという二者択一を迫られ、青豆はためらいなく天吾のためにリーダーを殺す。
 ちょうどその頃、天吾の部屋をふかえりが訪れ、リトル・ピープルが騒いでいる、お祓いが必要だと告げられ、気がつくと天吾は全く欲情のない状態でふかえりと性交してしまっていた。
 暗殺を終えた青豆は柳屋敷の用意したアジトに隠れる。そしてある夜、部屋から見下ろせる児童公園の滑り台に思いがけなく天吾の姿を発見するが、教団の追っ手を考えると飛び出してゆけない。
 青豆は再び首都高を訪れ非常階段が消えているのを確認、もはや二人揃い無事な世界に戻ることはできないのだと悟り拳銃で自殺しかける。 
 教団の意向で青豆の事前調査を担当していた牛河は、失敗を挽回すべく柳屋敷に目をつけるが警備の厳しさに調査を断念。青豆の過去を洗ううちに小学時代天吾と同級だったことを突き止め、天吾と同じアパートの一室を借りて見張ることにする。
 そして滑り台で空をじっと見詰める天吾の姿に不審を抱いた牛河は自分もその滑り台に乗り月がふたつあるという衝撃的な事実にうろたえる。
 自殺を思い止まりアジトに戻っていた青豆は検査薬を送ってもらい見に覚えのない妊娠という事実に戸惑う。それはリーダーを暗殺したあの夜、超自然的に起きた妊娠なのだと確信、その相手は天吾しかあり得ないと信じ、生まれてくる生命を天吾と共に守ることを決意する。
 柳屋敷から不審者の情報を得ていた青豆は牛河の姿を滑り台に目撃し、危険を承知でその後をつけて、牛河のアジトである天吾のアパートに辿り着く。しかし、天吾は父が亡くなったために千倉の病院に向かっており不在だった。
 それ以上留まることは危険と判断した青豆は柳屋敷に報告、柳屋敷のボディガードタマルが牛河を始末する。
 危険の芽がつまれて、晴れて青豆と天吾は20年ぶりに再会、再び首都高の非常階段へと足を運び、1Q84年から脱出して結ばれるのだが、そこは1984年とは少し違っていた。



ここでBook3までのあらすじ終わり

インタビューの中で作家自身は

作家の役割とは、原理主義やある種の神話性に対抗する物語を立ち上げていくことだ

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20090616bk02.htm
と述べているが、これは政治的、軍事的な勢力、あるいは圧倒的なクォンティティーを形成する原理主義に対抗する物語ということかと推理します。
 
 実際のところ、この物語が成功している理由は、むしろ物語がノスタルジックな魔法昔話に回帰していることに対する大衆の支持でないかと私は思います。
 C・G・ユングは集合的無意識や元型を提示しましたが、物語にも集合意識レベルで共有されるアーキタイプが存在すると私は考えています。それはロシアのウラジーミル・プロップが「昔話の形態学」で提示した昔話の構造、31の機能と重なってきます。
 ためしにこの「1Q84年」の構成要素をチェックして、後ろにプロップの決めた記号を印してみます。但しこの作業はたいていの作品の場合に時系列の前後関係が崩れる部分が避けがたく出現します。
またここもネタバレですので反転表示にしておきます。



 主人公は青豆と天吾の二人です。
 主人公は互いに会うことを禁じています 禁止(γ)
 ふかえりの「空気さなぎ」のリライト小説が世に出ることで、リトル・ピープルの存在に大衆の意識が開かれて、ふかえりと天吾がマークされる。探り出し(ε)
 物語の進行と共に主人公は互いを思い出し、会おうとする 違反(δ)
 青豆に教団の情報入手を依頼されたあゆみが殺される 加害(A)
 教団のリーダーにレイプされた娘が保護される 仲介あるいはつなぎの段階(B)
 老婦人と青豆は教団のリーダー抹殺を決意 対抗開始(C)
 青豆はリーダー暗殺に向かう 出立(↑)
 ふかえりの「空気さなぎ」のリライトを迫られた天吾が悩む 贈与者の第一機能 試練(D)
 そしてリライトという陰謀参加を決意する 主人公の反応(E) 

 ここで超人間的な存在である「ふかえり」は、実は人物ではなく魔法の手段、呪具の役目を果たしていることがわかるでしょう。
 天吾はふかえりと欲情なしに性交する 呪具の贈与・獲得(F)
 
 青豆はリーダーに接近し、会話を通して対峙 闘い(H)
 青豆はリーダーを暗殺する 勝利(I)
 青豆は謎の妊娠をする 標づけ(J)
 青豆は老婦人に暗殺成功を報告 不幸・欠如の解消(K)
 青豆は安全なアジトに辿り着く 帰還(↓)
 牛河は柳屋敷を調査、その後、天吾を監視する 追跡(Pr)
 青豆は柳屋敷に牛河目撃を報告 牛河は殺される 救助(Rs)
 天吾が父の葬儀から帰る 気づかれざる到着(O)
 牛河の遺体について教えられた教団は青豆の安全を保障する代わりに
 教団への協力を要請 不当な要求(L)
 青豆は教団の要請を断る 解決(N)
 天吾と青豆が20年ぶりに再会 認知(Q)
 予想に反し相思相愛だと知り、天吾は青豆が自分の子を妊娠してると知る 正体露見(Ex)
 二人は首都高の非常階段を通って、空に月がひとつしかないのを確かめ
 1Q84年から脱出したと知り、月の見えるホテルで結ばれる 結婚・即位(W)



 ここで構成要素の分類終わり

 どうです?
 31ある機能の相当数がこのようにきれいに収まると、この「1Q84」はプロップの手がけた魔法昔話に見事に回帰したと言ってもよさそうです。そしてそのことは村上春樹の執筆の努力と名誉を汚すものではありえないと私は思います。月がふたつあるという時点でそれは魔法の世界であるわけだし、Book3で登場する安達看護婦の秘密やNHKの集金人の正体も魔法の世界ならではです。
 我々にとって「1Q84」は心地よい魔法物語の魔力を再び教えてくれたのです。
 いや、そんな難しい話は抜きに、小学生の時のいじめられっ娘が優しかった男の子に恋して、20年経て(暗殺稼業に身をやつし、欲望に任せて男漁りしようと)なおかつ純粋な気持ちを持ち続けてハッピーエンド風?なところまでこぎつけるというのは、(あり得ないと思いつつも、だからこそ魔法物語として)感動させずにおかないのですよ。それこそが求められる形なのだと思うのです。
 
 えっ、それでBook4はあると思うかって?
 あなたもかなりしつこいですね(笑)
 最後はたしかに含みを持たせてますが、4の前の3も鼎の安定した数字ですからね。
 空気さなぎ、リトル・ピープルについては別の作品で明らかにされてもいいし、もうよろしいのではないかと思います。




 尚、当方は世情に疎い創作サイトですので、議論風のコメントはどうぞご自分のサイトか、然るべき場所でお願いいたします。

 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 プログ村

 ホーム トップへ



このページのトップへ

コメント

Book3、もう読まれたんですか?
確かに春樹さんは男性ファンが多いかもしれませんね。私の友人でもハルキストな女性は一人だけ。
amazonのレビューで「普段は本好きを自称しているほど理解できない」と分析されている人もいましたよ。
それにしてもBook1.2はすごい売れっぷりでしたね。
誰が読んでも面白いというようなわかりやすい作品ではないと思いますし、普通のベストセラーのノリで買っちゃった人は持て余したんじゃないでしょうか(笑)

  • 2010/04/20(火) 02:41:09 |
  • URL |
  • ia. #DQukzmQA
  • [編集]

◆ia. 様 ありがとうございます。

あ、自分は普段、本読まないせいで分かってないのに分かった気分なのかもしれない(笑)
マスコミが騒ぎすぎってのは間違いない。
未消化の謎があるし、展開が甘い点もあるし、ミステリーとしては物足りないかもしれないですね。

  • 2010/04/20(火) 23:18:57 |
  • URL |
  • 銀河径一郎 #7VZ5bVfM
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    『地球人も宇宙人』。
    写真はッシェル・ポルナ
    レフの真似です

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。