銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
 ▼

 買い物から帰ると、剃り込みの子分は真っ先にパソコンで注文が入ったかチェックする。
 アニキの組は暴力団追放運動のあおりを受けて二年前に解散しており、アニキは内縁の妻と二人の子分を連れて、ネット通販で生活の糧を得ているのである。
 ちなみにめっぽう勝負運の強い内縁の妻は、現在、ラスベガスに遊びに行っている。
「アニキ、買い物してる間にまた注文が入ってますぜ」
「最近は多いのう、わしは料理にかかるで」
 アニキはいそいそと台所に立った。

 インターホンが鳴った。
 宅配便だと名乗るので、剃り込みが出ると、一気に五、六人の男が玄関の中に雪崩れ込んで来た。
「なんや、こら」
 文句をつけるひまもなく、剃り込みは壁に押さえつけられた。
「おとなしくしろ、大麻取締り法違反容疑でガサ入れだ。
 これが捜査令状な」
 ジャンパーの男に腕を押さえられ、角刈りの男に令状を見せられて、剃り込みはすっかりビビッた。
「アニキ~」
 アニキは、ドスの効いた低音で「ときめくハートで煮込んだり~」と鼻歌を歌いながら包丁を持ったまま台所から出て来た。
「どうしたんや?」
 別のジャンパーの捜査員が慌てて拳銃を構えて言う。
「警察だ、お前、包丁を置け、包丁を」
 するとアニキは怒鳴る。
「じゃかしいわい。
 こっちは料理中なんや。
 料理が済むまで待っとかんかい、ボケが」
 アニキは悠然と台所に戻り、ジャンパーの捜査員が拳銃を構えて見張る。

 部屋に入ると「禁酒禁煙、腹筋千回、常在戦場」という座右の銘の額が壁に掲げられている。
「そこ、手を動かすな」
 捜査員に命令されて、テーブルで麻の実を紙袋に詰めていたパンチパーマが椅子に座ったまま固まった。
「係長、ブツです」
 そう言って捜査員は紙袋から麻の実を白い手袋の上にこぼして見せる。
 それを鑑識と書かれた腕章の男が写真に収め、ビニール袋に入れる。
 係長と呼ばれた若干メタボ腹の背広の男はうんと頷いて、隣のテーブルにあるパソコンを指差す。
「あのパソコンで注文を受けてたんだな?」
 ジャンパーの捜査員に腕をつかまれた剃り込みは素直に「はい」と認めた。
 メタボがパソコンのブラウザを立ち上げると、黒い背景に黄色い巨大な文字で「大麻、売ります」というタイトルが書かれたデザインセンスのかけらもないアニキのホームページが現れる。
 巨大なタイトルの下に「貴方をハイな世界に誘う大麻を完全梱包でお届けします」とある。しかし、写真も、客からのコメントも、買い物カゴも、"この商品を買われたお客様はこちらの商品も購入しています"という誘導もない。

 そして、たった2行の商品表があり、
 麻の実  ひと袋   1980円 全国送料込み
 大麻 乾燥もの一本  19800円 全国送料込み
 と書かれていて、希望する客はこの銀行口座に料金を振り込みして、商品と数と送り先をメールで送るようにと指示がある。

「普通はもう少し工夫があるぞ。
 こんな手抜きのサイトでよく売れるな」
 メタボが感心して言う。
「ここに出てる口座の銀行通帳はどこだ?」
 剃り込みは首を横に振って答えた。
「いつもアニキが持ってますから」 
 メタボが「そっちはどうだ?」と台所に声をかけると、拳銃の捜査員から「これからそっちへ行きます」と返事がある。

 まもなくアニキは紅潮した顔でメタボの部屋に戻ってきた。
「刑事に拳銃構えられて見張られては、落ち着いて料理もでけんやないかい」
 要はオムレツ作りに失敗したのだと、剃り込みとパンチパーマは悟った。
 メタボが言う。
「それは迷惑かけたな。
 ところで通帳を出してほしいんだ」
「それはええがのう、
 そもそもわしらがどんな違法な事をしたと言い張るんや?」
 アニキはテーブルを両手でバンと叩いて、椅子にかけて足をテーブルに乗せた。
「このパソコンで堂々と出してるだろ。
 大麻取締り法違反だ」
「ケッ、証拠がなければ手も足も出せんぞ。
 ブツは見つけたんかい?」
「麻の実は押収済みだ」
「ケッ、わしらはのう、日本の平和のために戦ってる革命戦士やで。
 そんな違法なものを売る筈ないやろが。
 その麻の実はな、七味唐辛子から抜いた人畜無害の麻の実や」
 メタボは困惑を隠しながら言う。
「何を言うか、嘘をついても調べればすぐわかるんだぞ」
「おんどりゃ、それが発芽してから言わんかい」
 それは正論だった。
 発芽しない麻の実は安全で合法なのである。だからこそ堂々と七味唐辛子に入っている。
「貴様、ふざけるな。
 そっちから大麻は出たか?」
 メタボはいらつきながら、部屋に散らばって捜索してる部下に聞く。
「いえ、まだです」
「そっちは?」
「まだです」

 メタボはアニキに問いただす。
「大麻はどこに隠した?
 時間の無駄だ、さっさと出せ」
「隠してなんぞないわい。
 あそこに供えてあるやろが」
 アニキは顎の先を部屋の上方に振った。
 そこには神棚が祭られていて、お札が数十枚と異様に多く立てられている。
「お、お前、まさか?」
 メタボの悟ったような声に気づいて若い捜査員が尋ねる。
「係長、どういうことですか?」
「知らんのか、神社のお札も大麻と呼ぶんだ」
「てことは……」 
 アニキが勝ち誇った。
「そうや、うちの大麻は霊験あらたかな神宮大麻や。
 何も法律に触れるような商売はしてないで、ガハハハッ」
 メタボは悔しさに握り拳を震わせている。

「ひどい、それじゃ詐欺じゃないか」
 若い刑事が言うと、アニキが言い返す。 
「詐欺やあ?
 人聞きの悪いこと抜かすな、ボケ。
 日本の平和のために戦うわしらが違法な物をホームページで売る筈がなかろうが。
 これを買うた客がハイな精神世界に目覚めてくれて、美しい日本の平和に貢献してくれたらええなと考えて商売しとるんや。
 勝手に違法な大麻や思うて申し込む方が悪人やで。
 わしらを訴えるやつがいたら連れてきてみさらせや、ガハハハッ」

 メタボは言った。
「最近は垂れ込みが入れ食い状態だったからな、どう見ても怪しいお前らはクロだと睨んで内偵もせずに踏み込んだんだが、まあ、たまには外れもないとな。
 おい、引き上げるぞ」
 アニキはここぞとばかりに剃り込みに言う。
「おう、皆さんに土産の種を持たしたれや」
「へい」
 剃り込みは「ジニアです」と花の種の袋を捜査員達に配る。
「お前らの近所で殺風景なところがあったら、この種を植えて、毎日、水をやって育ててや」
「……」
「花一輪でも、あれば通行人の皆さんの心が和むやろ」
 捜査員たちは肩を落として出てゆく。
 アニキはわざとねぎらいの言葉をかける。
「皆さん、忙しいのにわざわざご苦労やったのう」
 メタボは悔し紛れに捨て台詞を吐いた。
「お前らみたいなバカにはかなわないよ」
 ドンと大きく音を立ててドアが閉じられた。
「ハハハッ、どうや、ガサ入れも撥ね返す。
 これが神宮大麻の威力やで、ガハハハッ」

 アニキは神棚に向かって拍手を打ち、得意満面の笑みであった。    了




煮ても食えないヤクザさんのビジネス、本物は売らないし、おふだだけに救いはあるのか(笑)

これはフィクションです。現実の個人、団体とは一切関係がありません。

 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 f_02.gif プログ村

  ホーム トップへ
このページのトップへ

コメント

あ、やっぱり種に仕掛けがありましたね。
だけど神社のお札を大麻と呼ぶとは意外でした。
ヤクザを廃業したとはいえ、19800のお札を売るアニキは胡散臭い奴。でも憎めなかった。ここうまい。
今回は、コミカルな小ネタがあちこちに散らばしてあって楽しかったです。こういうのが銀河系一朗さんの持ち味なんだなって改めて思いました。

  • 2009/09/03(木) 03:07:30 |
  • URL |
  • つる #-
  • [編集]

◆ つる様 ありがとうございます。

伊勢神宮系は大麻と呼ぶみたいです。さぞ神様も迷惑してるのでは(笑)
もちろん売買という形式自体そぐわないし、ヤクザさんから買ってもねえ(笑)

  • 2009/09/03(木) 13:56:44 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #7VZ5bVfM
  • [編集]

楽しかったです~♪
会話のテンポもストーリーのひねりも最高でした。
なんだかんだとアニキの方がうわ手だったわけですね。
騙された人も被害届を出すわけにもいかないし。
私も騙されちゃったし(笑)
神宮大麻って知らなかったです。
以前大麻についていろいろ調べられていたのはこういう理由だったんですね。

  • 2009/09/05(土) 00:14:16 |
  • URL |
  • ia. #-
  • [編集]

◆ia. 様 ありがとうございます。

褒めていただけて嬉しいです。
>騙された人も被害届を出すわけにもいかないし。
これをひらめいた時、ホントに商売しようかと思いました←冗談ですよ(笑)

神宮大麻は普通の神社で買う、わけてもらう時にタイトルを見て、ちょっと驚いて、知ってたんです。

  • 2009/09/05(土) 01:04:39 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #7VZ5bVfM
  • [編集]

こんばんわ

こんばんわ。
夜はだいぶ涼しくなりましたね。
おもしろかったです(*^_^*)
お札を大麻というとは知りませんでした。
さすが日本平和のために身を粉にして働く平和戦士(*^_^*)
この兄貴憎めません。
柳刃包丁もって料理、しかも子供用のオムレツが趣味だし(*^_^*)
会話もおもしろく楽しませていただきました。
銀河系一朗さんいつもコメントありがとうございます。レスを書いていますのでいつかご覧になってください。

  • 2009/09/10(木) 18:56:59 |
  • URL |
  • KOZOU #-
  • [編集]

◆KOZOU様 ありがとうございます。

私もおふだが大麻と呼ばれると知ったのは数年前です。
ええ、アニキはほんとに悪いことはできないヤクザなのかもしれません(笑)
レス、ありがとうございます。

  • 2009/09/10(木) 21:08:23 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #7VZ5bVfM
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    『地球人も宇宙人』。
    写真はッシェル・ポルナ
    レフの真似です

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。