銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
お母さんは私の体を抱きしめた。


「ごめんなさいね、でも死んだなんて言ってないわ。

あなたは、ヒロキが心配だからそう考えたのね。

大丈夫よ、ヒロキは隣の部屋にいるわ。


ただ、心の準備をしておかないと、ショックを受けるから。

手紙にも説明あったかもしれないけど、ヒロキはまだ治療法のない難病なの。


車椅子に座ったきりで、喋るのもよく聞き取れないかもしれない。

それでもよかったら、是非、会ってやってください」


私はハッとして、頬の涙を笑顔で拭いた。

「もちろんです!

そのために来たんだもの!」



お母さんに案内されて隣の部屋に入った私は車椅子に駆け寄った。


ヒロキさんは照れて微笑んでいた。

私は両手でヒロキさんの手を包むように握りしめた。


「ヒロキさん、よかった!

『最後の一葉』なんて言うから、私、ヒロキさんが死んだのかと勘違いしちゃった!」


「おっ、ち、こ、ち、いたあ」

ヒロキさんは一所懸命喋るけど、病気のせいで音がつながってなかった。

「あー、わかった!

どうせ、私は、おっちょこちょい、ですよ~」

ヒロキさんが笑顔になると、私の背中の方でお母さんの声がした。

「ヒロキ、こころさんが来てくれてよかったわね!」

そう言い残して、お母さんはそっと部屋から出て行った。


「ヒロキさん、私はヒロキさんのおかげでこんなに元気になったんだから、

今度は私がヒロキさんを元気にしてみせる!」

「あい、か、と、

こん、な、ほ、くえ、い、い?」

(ありがと、こんな僕でいい?)

私は大きくうなづいて答える。

「愛するひとが、重い病気だからって、見捨てる筈ないでしょ!

それより先に、重い病気の私を見捨てずに応援してくれたのはヒロキさんでしょ!

ヒロキさん、愛してます!」


「ここ、お、ちゃ、

あい、し、て、う!」

(こころちゃん、愛してる!)


こんな展開は想定外だけど、もう勢いにまかせるしかない。


私はうっすら目をつぶり、ヒロキさんの唇に自分の唇を重ねた。

暖かいものが、胸と、目に、込み上げてきた。


私もヒロキさんも生きている。

それだけで、この世で一番素敵なことなんだって感じる。


大丈夫、きっと二人とも病気を治して生きていけるよ!

私はヒロキさんと愛し合って生きてゆくんだ!


私はそう心に誓った。


    -了-




↓よろしければ、ひとつ、お好みをポチお願いします

 f_02.gif プログ村

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
このページのトップへ

コメント

連載、お疲れさまです。
ラストは、「えーっ!」でした。私的にはこの3倍くらいの長さで読みたかったけど、タイトルは「メルコイ」だものね。メールのやりとりをメインとしたら、そうなんでしょう。うん。
メールに「愛してる」が多かったのは、そういうカラクリだったのね。今の人はずいぶんと気軽に口にするんだな、なんて思ってました。連載中に、へんな突っ込みしないでよかった。なかなか気が利いたコメができなかったけれど、こころの闘病生活は胸を打たれました。大変な下調べの上に成り立っている作品を仕上げた銀河系一朗さんに敬意を表します。なんかマジメになってしまった。

  • 2008/06/24(火) 23:42:27 |
  • URL |
  • つる #-
  • [編集]

お疲れ様でした。
私もてっきり「最後の一葉」かと勘違いしていたら、嬉しい結末でした。
爽やかなストーリにふさわしいラストで、とても良かったです。
翔子ちゃんや佐藤先生などサブキャラも魅力的だったので、スピンオフ作品も読みたい気がします。

  • 2008/06/25(水) 00:35:59 |
  • URL |
  • ia. #-
  • [編集]

連載お疲れ様です。
あらためて「銀河さんってスゲー!!」と感じています。
とても惹きつけられた物語でした。メールのやり取りだけでなく、周りと取り巻く登場人物にも魅力を感じていました。
私もおまけ要素を含んだスピンオフを読んでみたいな。

  • 2008/06/25(水) 04:44:08 |
  • URL |
  • たろすけ(すけピン) #rFJbKIhU
  • [編集]

お疲れ様でした!
なるほど、こう着地しましたか!
は~、よかった。ヒロキさん、死んでなくて。
私もメール中に「愛してる」が矢鱈多いなぁ、とか思ってたから、要らん事言わなくてよかった(^^;)
二人を残して部屋を出たお母さん、こころちゃんが切れ切れのヒロキさんの言葉を解ってくれて、そしてヒロキさんの笑顔が見れて……きっとドアの陰で嬉し泣きしてると見ました。

  • 2008/06/25(水) 15:29:31 |
  • URL |
  • 巽 #jdMQ17Ic
  • [編集]

◆つるさま ありがとうございます。

いやあ、馴れない文体、若すぎる女性主人公で書くのに苦労しました。毎度コメいただいて大変励みになりました。感謝感激です。
大闘病中の者同士だからこそ、愛が前面なのかもしれませんよね。

◆ia. さま ありがとうございました。

最後の一葉まんまではブーイングかなと。こころを応援するからには、この方向の結末しかありえないでしょ。
スピンオフと微妙に違うけど、携帯小説じゃない、小児科病棟舞台の長編を書いてみたい気は、ちょっとある、かも、よ。

◆たろすけ(すけピン)さま ありがとうございます。

メールといいつつ、実際の女子高生のメールは知らないし無理かと思ってたんですよ。前にも書いたけど、携帯小説サイトのアンケート調査で絵文字は要らないとあって、ならなんとかと書き出してしまった(汗)
馴れないことには手を出さない方が楽ですね(笑)

◆巽さま ありがとうございます。

ええ、着地はこれしかなかったかなと。
あ、やっぱり、愛してる、うるさかったですか(汗)
そういう情景を想像してもらえると嬉しいですね。
二人の将来は大変だろうけど、幸福を測ることができたら、それは普通より劣ることは決してないと思います。

  • 2008/06/25(水) 22:41:21 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #DhVq6Ht6
  • [編集]

お疲れ様でした~!
いやぁ終盤に畳み掛けるような展開には参りました(笑)しかも、泣きに来たのに、ハッピーエンドだとは!いい意味で裏切られました^^

  • 2008/06/26(木) 22:49:10 |
  • URL |
  • レイバック #-
  • [編集]

◆レイバックさま ありがとうございます。

そうですね、それまでの章と較べると急いでしまいましたね。我慢が足りなかった(笑)
HE、申し訳ねえです。こころを号泣させるのは忍びなかったですだ。

  • 2008/06/26(木) 23:12:15 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #DhVq6Ht6
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/07/21(月) 01:14:24 |
  • |
  • #
  • [編集]

泣きました…

はじめまして。
お邪魔させていただき、一気に拝読させていただきました。
ALSを扱った物語はfateも実は描いておりました。
そして、白血病。これは、かなり闘病が苦しいことが分かっていて、なかなか難しい題材です。
それを、見事に描き切っていらして、感嘆いたします。
素敵で、温かい物語でした。同時に、ものすごく『生きる力』を感じました。‘命’そして、‘友情’‘愛’。心洗われるような世界観で感動いたしました。
良い時間をありがとうございました。

  • 2011/11/09(水) 14:47:57 |
  • URL |
  • fate #-
  • [編集]

◆fate 様

はじめまして! ご訪問&コメありがとうございます。
レスが遅れて申し訳ありません(汗) 実はこのところずっと親の介護でチェックする余裕がなかったもので。

この話は当初悲しく終わるつもりだったのですが、書いてるうちに心がヴィヴィッドになってきて結局ハッピーエンドになってしまいました(^^;)
fateさんのサイトは盛りだくさんですね! 時間のあいた時に少しずつ読ませていただきたいと思います!

  • 2011/12/24(土) 16:49:45 |
  • URL |
  • 銀河径一郎 #7VZ5bVfM
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    『地球人も宇宙人』。
    写真はッシェル・ポルナ
    レフの真似です

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。