銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

UFO

 †††

 午後、松本剛史は一週間ぶりにサークル「UFO研究会」の部室に顔を出した。
 超際モノなサークルだが、青稲田大学はマンモス校のおかげで登録部員は50名を越えており、常に部室では部員たちがわいわいと喋っているのだが、その日は、どういうわけか、4年間留年中の外神田部長がたった一人で雑誌を整理していた。

「ちわーす、今日は静かですね?」
「ん?松本だっけ、昨日のニュース見なかったのか?」
 そういう部長の顔は二日酔いのアルコールが残っているようにも、疲れてやつれているようにも見える。
「なんすか?」
「昨日、携帯にメールもまわしたろう?」
「あ、いけね、昨日の午前に歯医者に行った時、携帯の電源落としたきりだ」
 思い出したように携帯の電源を入れる松本に、外神田部長は溜め息を吐いた。
「そりゃ、嫌なニュースを猶予されて、幸せもんだな」
「なんなんです?」
「大変なことが起きたんだ」
 外神田部長は手にした雑誌をダンボール箱に投げ入れると、松本の顔を覗きこんだ。
「お前さ、アメリカの予言者、オダ・イタ・コーリッジが今月には宇宙人が姿を現すって言ってたの、知ってる?」
「ああ、オダ・イタコさん、なんか言ってましたね」
「だから期待してたのに……」
「じゃあ、つまり、宇宙人が現れなかったってことですか?」
「ああ、最悪だよ」
 そう言って外神田部長はビデオモニターのスイッチを入れた。

 堅苦しいネクタイを締めたアナウンサーが真面目すぎる口調で、カメラ脇のプロジェクターから流れるニュース原稿を読んでいるようだ。
「アメリカでUFOを飛ばしていたのは私だという老人が現れました」
 画面にインタビューに答える白髪の白人男性が映し出された。
「この男性はネバダ州に住むジェイムス・スミスさん。
 1947年から銀色の円盤を飛ばしていたということです。仲間と編隊を組んでホワイトハウスの上空を飛んだこともあると話しています。
 証言の後、老人は取材陣の前で、実際に円盤を飛ばしてみせました」
 画面が野外に切り替わった。

 さっきの老人が、ログハウス前の草原に細長い五本の足で立っている銀色の円盤の底に潜り込むと、梯子を引き出して中に入ってゆく。
 やがて、底面が回転してずれると、円盤の構造は中心部を除いてすかすかとなり、大きなプロペラが姿を現し、甲高い金属音と共に回転しだした。
 回転が上がると、再びすかすかの空間は見えなくなり、円盤は浮上した。

 松本もこれにはがっかりした。
 もっと高度な文明のものすごい飛行原理に違いないと思っていたのが、ただのヘリコプターだったとは。
 しかし、それでは瞬間移動級のスピードが説明できないだろう。
 松本がそう思った矢先、円盤の外周に埋め込まれたロケットブースターらしきものが薄く火を吹いたのが見えた。
 円盤は一挙に移動した。
 しかし、外周も少し回転してるためか、一直線ではなく、停止するのに手間取って少し位置がきれいな直線上からぶれた。その動きがまたUFOっぽい。
 UFOはひとしきり、空をジグザクに飛んで見せると、発信地点に戻って着地した。
 円盤から降りてきた老人は親指を立てて笑った。

 外神田部長は吐き捨てるように言った。
「わかったろ?このサークルは消滅だ」
 はあー……
 松本も大きな溜め息を吐いた。
 

 †††
 
 老人がログハウスのバルコニーで新聞を読んでいると、近所の小学生の兄妹が歩いてやってきた。
 
「こんにちは、ジェイムスさん」
「いやあ、チャーリー、キャロル、学校は終わったのかい?」
「ええ、ジェイムスさん、またいろいろ教えてよ」
「いいとも」
 老人は兄妹をテーブルにつかせ、ミルクとクッキーをふるまった。

「それで、円盤はどうやって飛んでるの?」
 チャーリーがクッキーで宙に弧を描いて尋ねると、老人はうなづいた。
「この間、宇宙のあらゆる地点は固有の振動を持っていると教えたね」
「うん、波動で決まるんだね」
「だから円盤の外側に虚数波動の泡膜を張って、円盤の内側の振動を、行きたい地点の振動に同期すると、瞬間的にそこにしかいられない状態になって、移動するんだよ」
 チャーリーは頭をふった。
「難しくてわかんないよ」
 キャロルは老人を見つめて聞く。
「あのね、パパやママも一緒にテレビニュースを見たのに、ジェイムスさんの円盤はプロペラとロケットのインチキだって言うの。プロペラもロケットもついてないのに、どうしてプロペラなんて言うの?」
 老人は笑った。
「人間には『究極の恐れ』という仕組みがあるんだ。
 それは潜在意識にあって、例えば私の円盤などの未知なる受け入れがたいものを、すでにある受け入れやすい形に錯覚することで、ショックを避けるためなんだ」
「そうなの?」
「そうなんだ、全ての人間が同じように私たちを認識することはないだろう。
 だけど、素直で恐れを持たなくてもいいと悟った君たちには私の本当の姿が見える」
 キャロルはうなづいた。
「うん、ジェイムスさんはロズウェルのUFO博物館の人形そっくりだね」   了
 




ミステリーサークルはイギリスの老人の仕業だったという話がありましたが、UFOはどうですかね?


 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 f_02.gif プログ村

  ホーム トップへ

このページのトップへ

コメント

う~ん。UFOに限らず、人にはショックを受けたら何かにすりかえる作業ってありますね。なんか暗示的な作品だわ。
前半と後半を日本とアメリカに分けて面白く読めました。

  • 2008/05/20(火) 21:45:32 |
  • URL |
  • つる #-
  • [編集]

◆つるさま いつもありがとうございます。

ありますよね。何かにすり替えてうまくいくなら、それはそれで意味がありますね。

  • 2008/05/20(火) 23:54:33 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #DhVq6Ht6
  • [編集]

こんばんわ(^^*

人間は未知を恐れるから受け入れやすいことにすること、実はよくあることなんですよね。
人が死んだら天国に行ったり、戦争が起きたら誰かのせいにしたり。

このような人間の本質をもっと多くの人が知っていれば世の中はいい方向に向かっていくかもしれません。

  • 2008/05/21(水) 23:47:07 |
  • URL |
  • シオン #iBQcsk6M
  • [編集]

◆シオンさま ありがとうございます。

そうですね。真実はどこにあるか、見極めないといけません!

  • 2008/05/22(木) 17:29:47 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #DhVq6Ht6
  • [編集]

あ、いつの間にか新ネタが!
UFOネタとは、タイムリーですね。
本当にいたら、やっぱり怖い気がする・・・。
未知なるものを受け入れるには、人類がもっと進歩しないと無理かな?
でもほんの50年くらい前にはパソコンだってSFだったんですよね。

  • 2008/05/24(土) 02:10:35 |
  • URL |
  • ia. #-
  • [編集]

ご無沙汰でした!UFO話はわくわくしますよねー。楽しかったです。もう少し長いUFOネタも読んでみたいな。ミステリーサークルの話には失望させられたので、UFOは本物であって欲しいですわ(笑)

  • 2008/05/24(土) 13:14:55 |
  • URL |
  • れいばっく #-
  • [編集]

◆ia. さま ありがとうございます。

心配ないですよ。UFOが侵略意図のある宇宙人の乗り物なら、ドラえもんが「未来では地球は宇宙人に征服されてるんだよ」と教えてくれるはず(笑)

◆レイバックさま ありがとうございます。

UFOとタイムマシンは実在してほしいですね。
特にタイムマシンは利己的に使いたいw

  • 2008/05/24(土) 19:01:45 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #DhVq6Ht6
  • [編集]

なるほど・・・・・・。
そういう結末だったのか。面白かったです。

UFOはすでに地球にきてるかどうかわかんないけど
宇宙人はきっといると思っているので、あってみたいような気もします。
まぁ、でも、シンにとったら、外国人、またはある種の能力に長けた人が宇宙人みたいといえば、そうなりますが(笑

  • 2008/05/30(金) 01:35:14 |
  • URL |
  • 見習猫シンΨ #ap6q.jK2
  • [編集]

◆見習猫シンΨさま ありがとうございます。

宇宙から見たら、まず地球人が宇宙人なんだけどね。俺も、すごいマジシャンなんかは、本当は宇宙人なんだよと納得しようとするな。

  • 2008/05/30(金) 21:10:24 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #DhVq6Ht6
  • [編集]

お久しぶりです。コメントありがとうございました。UFOという素材は、面白いですね。
『神様のパズル』を観た後に、銀河系一朗さんの「UFO」を読まさせていただきました。
人間にとっての『究極の恐れ』というのがいいですねぇ。
ところで、「宇宙って無から生まれたんでしょうか?」、
究極の恐れを乗り越えて、そんな問いからもたくさんの物語が生まれてきそうな気がします。

  • 2008/06/08(日) 19:49:55 |
  • URL |
  • hinamirai #-
  • [編集]

◆hinamiraiさま ありがとうございます。

「神様のパズル」予告編は見てましたが、hinamiraiさんの紹介でようやく題材がわかりました(内容は観ても理解できるか疑問) でもめちゃ好きな題材です。
この間、年齢欄に145と書きました。単位は書きませんが、勿論、億年です。
宇宙の始まりに、意識の項目を入れることで、大きな発見があるのではと信じています。

  • 2008/06/08(日) 23:54:12 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #DhVq6Ht6
  • [編集]

こんばんわ(*^_^*)

こんばんわ(*^_^*)

心理的なアプローチがなかなか深いですね。
『究極の恐れ』はどきりとしますね。
確かにそのような事実はあるでしょうね。
かってカトリック教団が科学を弾圧した心理にも似ているような気がします。
すべてにオープン、真理の前には素直に頭をたれる心をわたしも持ち続けたいです。
これに権力や富がからむとまた人間のエゴ丸出しですね。
青稲田大学の部長、なかなか潔いですね(*^_^*)
早く卒業しろっ、という感じもありますが(*^_^*)
おもしろかったです、また読ませていただきます(*^_^*)

  • 2009/05/16(土) 20:55:55 |
  • URL |
  • KOZOU #-
  • [編集]

◆KOZOU様 ありがとうございます。

>心理的なアプローチ
有名な心理学者ユングもUFOについて本を書いてましたね。
UFOに限らず、ネッシーとかツチノコとかバラエティー番組が喜ぶネタって集合無意識によるバイアスがかかっています。だから全て嘘なのかというとそうでもなくて、真実は素直な目の持ち主のみ知るです。

  • 2009/05/17(日) 14:06:50 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #7VZ5bVfM
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gingak.blog117.fc2.com/tb.php/166-56e9137f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

潜在意識の中の無限の治癒者

考えたり、話したり、行動したり、歌ったり、自動車を運転したり、また想像したり、感じたりするのにも、また、ビジネスや人問関係でも、正しいやり方とまちがったやり方とがあるのです。潜在意識の広大無辺な英知で正しい考え方、正しい感じ方、正しい行動の仕方、正しい...

  • 2008/05/21(水) 19:26:29 |
  • 潜在意識
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック