銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
「あ、彼氏いるの?」と翔子ちゃん。

「違うわよ」

「でも、今、急に顔が喜んだよ」

「違うって、あっち行ってよ」

翔子ちゃんが自分のベッドのマンガに向かうと、私は急いでメールを開いた。


《こころさん、辛いのはわかるけど、

ずっとちっちゃな子供だってガンバってるんだよ!

検査で弱音を吐いてたら笑われるぞ!

応援してるから勇気を出して頑張ろう!》


思った通りの文面だけど、それがすごく嬉しかった。

《メールありがとです

えへへ、その通りです。

早速、隣のちっちゃい子に笑われました。

負けないょお、がんばります》


送信したところで、母が病室に入ってきて叱られた。

「こころ、携帯は禁止じゃないの」

「大丈夫だよ、入院してるひとは、黙認なんだって」

「検査はどうだったの?」

「それがひどい痛いんだよ。

私、死ぬかと思ったよ」

私がそう言うと、母は口をぽかんとした。


「そんなこと、冗談でも言っちゃだめよ。

ほんとに、あんたって子は、

タオルとか着替えは下に入れといたからね。

自分でちゃんとしなさいよ」

隣の翔子ちゃんがちらりとこころを見て笑った。

「お母さん、もういいから帰って。

明日は私の机の携帯の電源持ってきてよ」



翌日の午後、検査の結果を聞かされる時が来た。

佐藤先生に、私と母が向き合い、三者面談風。

「こころさん、初日が大変な検査だったけど、よく頑張ったね」

「もうあんな検査は二度といやです」

私はイヤミを込めて言ってやった。

佐藤先生は白い歯をちらと見せてすぐ真顔になった。

「で、結果なんだけど。



うーん、残念。


かなりの治療が必要だから、このまま入院してもらうね」

私はびっくりして聞き返した。

「治療って、まさか手術とかするの?」

「いや、手術はしないよ。

いろいろ薬があるから、それを使っていこうと思う」

「じゃあ、私はどういう病気なんですか?」

「うん、血液はいろんな成分から出来てるけど、

そのひとつ、リンパ球が悪玉になる病気。

急性リンパ性白血病というんだ」

「白血病?」

頭の中をその言葉がぐるぐるまわった。

中学入ったぐらいの時、白血病の女の子を主人公にした、暗いマンガを読んだ覚えがある。

佐藤先生は治療計画表というプリントを私と母に渡した。

「ずっと昔は大変な病気だった。

お母さんがこころちゃんぐらいの時は不治の病のイメージを持たれてましたよね。

ドラマとかも悲しい点ばかり強調するし。

でも今は薬が発達したから治せる可能性は高まったんだ。

特にこころちゃんみたいに若い世代は成長力がそのまま回復力につながるから、6割から8割が治る。

だから自信持って、一緒に薬で治していこう、いいね」

そう振られたら「はい」と答えるしかないので、

「はい」

でも心の中は不安だらけだ。

「それで、今、渡した紙が治療の計画表になります。

第一段階は寛解(かんかい)導入が目標です。

寛解というのは悪玉が目立たなくなり、健康な白血球が元の数に戻ることです。

具体的には強い薬で悪玉を退治するんだけど、同時に善玉も減ってしまい免疫力が落ちて、少しの細菌、ウィルスでも重い病気にかかってしまう。

そこで薬を投与する間は入院してもらって他の病気から体を守らなければならない。

わかるよね?」

「薬を飲むためにわざわざ入院するわけ?」

「さすが高校生だな、そういうこと」

「めんどいよ」

私が思わず言うと、母がピシャリと、

「こころ、先生に口答えするんじゃないの。

 f_02.gif プログ村


 
3出会いと告知-4 へ 

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
このページのトップへ

コメント

ということは、抗ガン剤投与ですか・・・・。
副作用がとてもつらいと聞きます。

さっきの少年の言っていた言葉が現実みを帯びてきますね。
彼も多分、抗ガン剤の投与を受けているみたいですから。
がんばれココロちゃん

応援ポチット

  • 2008/01/14(月) 19:14:31 |
  • URL |
  • 奈緒 #-
  • [編集]

◆奈緒さま ありがとうございます。

どうやら、そのようです。猛烈に食欲が出るという痛くない副作用も中にはあるようですが、概して辛いことになりそうです。
応援、ありがとうございます。

  • 2008/01/14(月) 22:42:45 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #YS3Z5NF6
  • [編集]

佐藤先生は優しいですね。インフォームド・コンセントって言うんでしょうか。その説明もわかり易いです。
今の医療事情を良く考慮されていると思いました。

  • 2008/01/15(火) 00:04:43 |
  • URL |
  • つる #-
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/01/15(火) 00:14:25 |
  • |
  • #
  • [編集]

◆つるさま ありがとうございます。

小児病棟の先生は優しくタフなひと多そうですね。
非公開コメのご指摘ありがとうございました。早速訂正させていただきます。

  • 2008/01/15(火) 12:14:14 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #YS3Z5NF6
  • [編集]

◆読者の皆様へ

ご愛読、ありがとうございます。
この話の中で同室の小学生が男の子だったのですが、つるさまに男女別室ではないかとご指摘いただきました。
低学年までなら同室もあるようですが、この話の年齢では男女別室です。
そこで前話と今話の翔君を翔子ちゃんに訂正させていただきました。
作者の調査の不足をお詫び致します。
つるさま、ご指摘ありがとうございました。

  • 2008/01/15(火) 12:20:52 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #YS3Z5NF6
  • [編集]

こんばんわ★

読みにきちゃいました~!
これ、続きが気になります~(@@)
最初は携帯から読んでたんですが、今日は仕事が休みなので、パソコンからお邪魔しました!
これで、最初のエピソードに続いて、それからそれから…(@@)
早く続きが読みたいです。

ぽち応援、して帰りますね♪

  • 2008/01/15(火) 13:13:05 |
  • URL |
  • モアイネコ #-
  • [編集]

◆モアイネコさま ありがとうございます。

ご訪問ありがとうございます。
この話は携帯小説形式に初めて挑戦してみました。どうぞよろしくです。

  • 2008/01/15(火) 14:40:04 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #YS3Z5NF6
  • [編集]

こんにちは♪

う~ん、先生の説明、解り易いです(^^)
確かにドラマは悲劇面ばかり強調し過ぎ。病は気から。治らない、なんて思ってたら尚更免疫力下がっちゃいますよね☆
でも、やっぱり薬の副作用とか、これから大変なんだろうな……。翔子ちゃんもやっぱり帽子着用してるし、女の命が~(泣)

  • 2008/01/15(火) 15:06:46 |
  • URL |
  • 巽 #jdMQ17Ic
  • [編集]

◆巽さま ありがとうございます。

病を気で治す、「なんその法」なんてのはイメージと気合の勝負ですよ。

  • 2008/01/15(火) 20:42:53 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #YS3Z5NF6
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    『地球人も宇宙人』。
    写真はッシェル・ポルナ
    レフの真似です

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。