銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

サトミからの返事が来た、

《それって風邪も引かないココロだから、珍しくて調べるのかもよ!

がんばって検査合格しておいで》

いつでもサトミは陽気だな。

それはそれでありがたいけど。

カオリからの返事は、

《検査入院?

私も病院で検査はいろいろ受けたけど、検査入院はなかったなぁ。

でも、ココロならきっと大丈夫だよ!

ファイトぉ!》

うーん、カオリでも検査入院したことないのか。

病人の専門家であるカオリから言われると心細くなってくる。


そこで、私は、自分と同じ状況の仲間に応援してほしくて、携帯コミュの仲間掲示板に書き込んでみた。

《はじめまして、ココロです。

私は高校の2年ですが、昨日、倒れてしまいました。

本格的な検査のため、すぐ入院しなければなりません(泣)

同じように入院されてる先輩、これからする方、よければお返事下さい。

メール交換して一緒にがんばりましょ》


書き込むと、こころは入院病棟の受付に行き、書類を見せて説明を受けた。

リストを貰って、受付の電話で、すぐ母親に電話する。

「お母さん」

「こころ、病院、どうだったの?」

「すぐ検査入院しろって」


「け、検査入院て、なんの病気なの?」


さすがに母親の声は驚きでうわずっていた。

「まだわからないよ、

わからないから検査するの」

「それはそうね……」

私が入院に必要なリストを読み上げると、母親は準備してすぐに行くと言った。

受話器を置くと、すかさず受付の女性が、

「それでは川津辺さん、診察があるので、血液内科に移動して下さい」

こころは、言われるままに血液内科に行き、看護士のお姉さんに診察室に呼び込まれた。

おそるおそる中に入ると、机に向かってた白衣の男性が振り向いて言った。

「川津辺こころさんだね、

僕は担当の佐藤です。

急に検査入院と言われて焦ったと思うけど、

こころさん、血液の病気みたいなんだ、そこを詳しく調べよう」

先生は30代前半で、ちょっとカッコイイ感じ。

なんとか私の守備範囲かもしれない。

「はい、検査ってどういうのですか?」

「うん、うちは血液関係が多いけど、基本的な検査もあるよ。

脅かすわけじゃないけど、ちょっと大変な検査もあるんだ。

それはお母さんが来てからにしよう。

病気をしっかり見極めるためだから、頑張れるよな」

「はい」

「高校何年?」

「2年です」

「部活とかやってるの?」

「ええ、卓球部です」

「じゃあ、サー、だね」

ムッ、安易な。

確かに試合でサーていうのはわりとありだし、

サーブの前に短く、サッて言ったりもするけど。

すると先生、握りこぶしのガッツポーズだ。

「病気を負かして、一緒にサーってガッツポーズしよう」

お茶目な先生に、私は笑った。

「はい」



再び掲示板を覗いたら、レスがついていた。


《じゃあ学校行かなくてひまだよね、

よかったら遊ばない》

なんだ、このバカ男、ひとが入院するというのにナンパとは。


《入院ですか、私は元気だけがトリエですけど、

あなたがよくなるよう祈ってますよ》

元気なおばさんか、でも励ましがありがたい。


《お姉ちゃん、びょうきなの?

がんばってください》

おお、小学生じゃないか。可愛いなあ。


《そりゃ、寂しいねえ。

気持ちよくなる薬あるから

よかったら持って行ってあげるよん》

また、バカ男かい、消えてくれ。


入院仲間というのはいないのかと思って、画面をスクロールすると、いた!

 f_02.gif プログ村

 
3出会いと告知-1 へ 

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
このページのトップへ

コメント

こんばんは。
わりと深刻な時ほど、日常は淡々と過ぎていくんですよね。そんな感じが伝わってきます。
こういうテーマは読んで気が重たくなりがちだけど、銀河系一朗さんの手腕であっさりとうまく読ませてくれます。

  • 2008/01/11(金) 23:11:33 |
  • URL |
  • つる #-
  • [編集]

検査って無痛じゃない物もあって結構つらいんですよね~。

肺内視鏡とかは苦しいし・・・・骨シンチは鬼のように痛いし・・・・・。

大の大人が痛さで涙こぼしてしまいました。

こころちゃんガンバ!!

応援ポチット

  • 2008/01/11(金) 23:25:54 |
  • URL |
  • 奈緒 #-
  • [編集]

◆つるさま ありがとうございます。

うーむ、それが難しいところですね。軽すぎては、苦しんでる方からお叱り受けそうだし。

◆奈緒さま ありがとうございます。

奈緒さん、どうやら、つらい闘病体験おありのようですね。
奈緒さんの手による闘病小説を、期待させていただきます!

  • 2008/01/12(土) 00:05:44 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #YS3Z5NF6
  • [編集]

闘病というよりも、その病気を理解してくれない周囲への葛藤の方が負担だったかもしれませんね~。
とくに社会生活を送りながらだと、いろいろ障害が多いかも。

応援ポチット

  • 2008/01/12(土) 20:38:12 |
  • URL |
  • 奈緒 #-
  • [編集]

◆奈緒さま ありがとうございます。

あ、そっちですか。当人の辛さは他人には見えない、わからないからな。

  • 2008/01/12(土) 22:56:02 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #-
  • [編集]

こんにちは♪
いきなり検査入院とか言われると、めっちゃ不安……。予定が判っていてさえ不安(苦笑)
前に酷い熱と発疹で「薬貰おう」と思って行ったら、即日入院(笑)
先天性の病で、8歳になったら入院ねって、解っていても誕生日過ぎたら即入院☆
病院って……割といきなりな所(--;)
こころちゃん、ファイト!

  • 2008/01/13(日) 12:17:48 |
  • URL |
  • 巽 #jdMQ17Ic
  • [編集]

◆巽さま ありがとうございます。

巽さんもなにやら人並み優れた?病持ちのようですね。
私も8才ぐらいで、医師に手術しても治らないと言われて、「こりゃ大人まで、もたんな」と自己診断。勘違い人生の始まりです。

  • 2008/01/13(日) 13:54:22 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #YS3Z5NF6
  • [編集]

「病人の専門家であるカオリ」っていう表現がおもしろいなって思いました。
医者は専門家だけど、病人側にも専門家がいるんですね♪

いくら格好良くても、30代前半の先生が守備範囲って、こころちゃんすごいな。
私が女子高生だった時は、大学生がすっごく大人で、それより上は全部「おじさん」だと思ってましたよ。

銀河さん、全部書き終えるまで、女子高生のブログとか見ない方がいいですよ。文体が全然違いますから(笑

  • 2008/01/18(金) 07:49:53 |
  • URL |
  • 七花 #-
  • [編集]

◆七花さん ありがとうございます。

ええ、女子高生のメールは全く解読できません(笑)
でも携帯小説サイトのアンケートで、顔文字は不要って声が多数で、ホッとして、すでに書いてた文から顔文字消して、書き始めたんですよ(笑)

  • 2008/01/18(金) 15:08:09 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #YS3Z5NF6
  • [編集]

今ごろ参上しました。
ケータイ小説形式のためかサクサクっと読めますね。

  • 2008/02/15(金) 23:57:35 |
  • URL |
  • 鯨 #Xysd5fB2
  • [編集]

◆鯨さま ありがとうございます。

ケータイ小説、かなり叩かれてますが、やっかみが多いみたいに思います。若い人が小説風の文に興味を持っていることはいいことだと思いますよ。

  • 2008/02/16(土) 10:16:23 |
  • URL |
  • 銀河系一朗 #DhVq6Ht6
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック