銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
 その晩は都会では珍しく雪が5センチ近く積もっていた。
 雪に弱い都会ではこんな夜は殆ど人通りも少ない。
 僕はアルコールのせいもあって、マフラーも取り、雪を踏みしめるザッザッという音を楽しみながら歩いていた。
 すると、どこかでタイヤが空回りする音がしてきた。
 雪の上ではいきなりアクセルを吹かせば吹かすほど、グリップがなくなり空回りするのだ。
 雪国生まれの僕は苦笑しながら歩みを進めて、軽自動車の窓ガラスを叩いた。
「大丈夫かい?」
「すみません、滑って動かないんです」
 運転パネルに目を落としたまま言ってきたのは、長い髪をカールさせた女性だ。
 美人の部類だ、目のシャドウが銀色で服はゆったりとしたドレスのようで少しケバい感じがする。
「そんなに踏み込んだら動かないよ」
 僕が代わりに運転席に座り、彼女は助手席に座った。
「雪道はね、静かに動き出さないと空回りするんだよ」
 僕は優しく静かにアクセルを踏んでやる。
 
 しかし、車は動かない。

「あれ、おかしいな」
 僕はハンドブレーキを引いた。
 と同時にバツンと音がしてヘッドライトが消えた。

「なんだか寒いね」
 僕はエアコンを入れてみた。
 しかし吹き出し口から出る風はいつまでたっても冷たいままだ。
 やがて今度はパネルの照明がダウンした。

「なんだこりゃ、まさか欠陥自動車じゃないよね?」
「すみません、私、よく知らないんです」
 女性はそう言って前を見つめるだけだ。
 
 僕はその時、ハッと気づいてしまった。
 女性の横顔の目はまるで氷で出来ているように黒目がないのだ。
 雪女だ。
 思わず叫び声を上げそうだったが、こちらが気づいたのがばれるのはまずいと声を息ごと噛み殺して呑み込んだ。

「そ、そうだ、ぼ、僕がJAFを呼んで来てあげるよ」
 僕は繕っても引き攣る笑みを無理に浮かべて、外に出ようとドアの取っ手をつかんだ。 しかし開けようとするが、びくともしない。まるで何トンもの氷に押さえつけられたみたいだ。
「おかしいな」
 焦って力を入れながら呟く僕に女が囁いた。
「フフフ、このままずっといましょうよ」
 ちらと振り向くと女の顔は全体が銀色だった。
「うあああああーッ」
 ドアの取っ手に手をかけたまま僕は絶叫して気を失った。

 ◇

 翌朝、気がつくとそこは病院のようだった。
「助かったぞ」
 僕はほっとして呟くと、看護師を呼んだ。
「看護師さーん」
 しばらくしてやって来たのは警察官だった。しかもそこに鉄格子がある。
「お、気がついたか?」
「あの、これは一体?」
「通称トラ箱。酔っ払いさんの宿泊場だ。
 覚えてないの? 
 あんたね、雑居ビルの階段に掴まって、大声出してたから110番通報されたんだよ」
 警察官は手を腰に当てて教えた。
「いや、僕は雪女の自動車に乗ってしまって」
「雪女?」
「ええ、間違いないです。長い髪がカールしてて銀色の顔だったんです」
 僕の言葉に警察官は爆笑した。
「そういや、あんたの掴まってた階段の反対側に銀色の顔した美容室のマネキンがあったなあ。あれが雪女に見えたか、ハハハッ」

 僕の間違った記憶はすっかり溶けて、気恥ずかしさだけが残った。
 警察官は笑いながら扉を開けてくれた。     了
  





 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 プログ村

 ホーム トップへ





スポンサーサイト
このページのトップへ
司会「物件の覆面座談会という事で過去に住んだ部屋の忌憚ない感想をお願いします」
広い応接間に座る三人が会釈して話し始めた。
美子「私が前いた所、毎晩、隣から鬼婆が脅す声と女の人の泣いて謝る声がして」
修三「怖ェ」
健索「毎晩はやだな」
美子「それである日、あんまりうるさくて、そしたら玄関の鍵が開いてて、
そっと覗いたら一人で鏡に向かって怒鳴ったり謝ったりしてんの、まじ怖かった」

健索「やだねえ、そんな部屋」
修三「俺はあの部屋だな。窓から教会の十字架が見えて、裏が寺でさ」
美子「きゃあ」
修三「右隣からアラーの祈り、左隣から題目が聞こえて」
美子「キモ~」
修三「生きた心地がしなかったよ」
健索「何言ってんだ、俺たち皆、幽霊だぜ」
司会「お後がよろしいようで」
一同は爆笑した。



いや、お前らの集ってる部屋が問題物件!

 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 プログ村

 ホーム トップへ
このページのトップへ
「犯人の名前か?」
機捜隊の刑事達は困惑だ。 
若い女の死体は口紅で大江戸と書いて事切れている。
そこへ所轄の米倉すず子刑事が新米の門村刑事を伴って入室した。
検分したすず子刑事は断言した。
「わかりました、これは病死です」
門村は「なぜです?」と訊いた。

すず子刑事は立ち上がると冷蔵庫を開けた。
そしてアイスクリームを手にして、遺体の側に戻った。
「これはダイエットしすぎの餓死です」
「何、じゃ大江戸はダ、ダジャレ?」
「ええ、ダイエットと書くのは恥ずかしくて。さあ食べていいのよ」
すず子刑事はさじを遺体に近づけてあげた。

「やれやれ、病死か」
機捜隊の刑事達の落胆を他所に、すず子刑事は遺体に言った。
「食べられない? じゃあ私が」
 すず子は自分でアイスを食べ出した。
 門村刑事は手を叩いた。
「それか!
 先輩の手帳をこっそり覗いたらよく大江戸まで6Kとか書いてあるから、
てっきり大江戸線のことかと思ってましたが」
「キサマ~」
 すず子刑事のまわし蹴りが門村に飛んだ。




 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 プログ村


 ホーム トップへ
このページのトップへ
ネットでマウスアタッチメントを購入。
これ暖かくてよいね!
PCマウスは冬に冷たくなるのが難点だが、見事にエコ解決してくれた。
どれ、ゲームはどうかな?
いかん、クリック連打でマウスが脳震盪だ。
マウスに本物のマウスを被せるという発想の敗北


twitter小説です。


 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 プログ村

 ホーム トップへ




このページのトップへ
悪夢:

 患者は医師に向かって訴えた。
「毎晩、悪夢にうなされるんです」
「どんな夢です?」
「寄席に行く夢です」
「それが悪夢?」
「だって怖い怪談ばかりで、その度に心臓が止まるかと……」
「はあ」
「お願いです、面白い噺だけするよう先生から言って下さい」



twitter小説です。

 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 プログ村

 ホーム トップへ




このページのトップへ
老夫婦: 趣味は毎月の温泉旅行だ。
列車でいつも会う子供に親を訊ねるが答えはない。
ずっと迷子だったのだ。
児童相談所は満杯で暫く老夫婦が預かることにした。
養子にしたいが養う余裕はない。
嘆く老夫婦だったが、突然宝くじが大当り。それも毎月。
子供はあの火事で追い出された座敷童子だった。#short



twitter小説とやらを書いてみました。
しかし、140字はきついですね。改行取ってぎりぎり
タグは#shortでいいのかなと。

https://twitter.com/gingak1

追記
今さら気づいたけど、twitter小説はワンシーンものが適してますね。
こういう場面転換含むのはtwitter小説でなく普通に書いた方がよさそう。

 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 プログ村

 ホーム トップへ



このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    『地球人も宇宙人』。
    写真はッシェル・ポルナ
    レフの真似です

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

12月 « 2010年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。