銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

 †††

 いったい椿姫は何を捧げて死んだのであろうか。
 案外、椿姫が最期の出陣を促したのかもしれない。
 想像は時空を超えた。


 羽柴秀吉の軍勢に囲まれ、井戸の水源を断たれた照葉山城。
 城を覆う鬱蒼とした緑とは裏腹に、城内に詰めている武士たちの覇気は薄い。
 甕に溜めた水はもちろん、出撃の士気高揚のために大事に取っておいた酒樽ももはや空になった。
 この七日近くで、水を口にできたのは雨が降った一日きり。
 これでは体に力が入る筈も無い。
 まして、生命賭けの合戦など、無理な話である。

 館の奥の板座敷で、五棟宣明と息子の宣忠が家老、軍奉行と話していた。
「後詰め(援軍)はまだ見えぬか?」
 宣明が問うと、軍奉行が答える。
「あいにくとまだ見えませぬ」
 家老が楽観を述べる。
「しかし、毛利輝元様のことゆえ、吉川経家様の鳥取城へも後詰めせんとお考えのはず。となれば当照葉山は通り道なればきっと来られましょう」
「しかし、水を断たれたままでは後詰めが来るまで持ちこたえられるかのう」
 宣明が訊くと、軍奉行と家老は黙ったまま顔を見合わせた。
 そこで息子宣忠が訊く。
「矢文にはなんと書いてありましたのじゃ?」
 一刻ほど前に、秀吉軍から文をつけた矢が城内に射られていたのだ。
 すると家老が答える。
「あの猿面大将めが、殿の召し腹と引き換えに、女子と兵どもを助けると騙りますのじゃ」
 途端に宣忠は顔を紅潮させて「たわけた事を」と怒鳴る。
「父上、騙されてはなりませぬぞ」
「案ずるな、宣忠。
 この領地と皆のためだけならわしの腹ひとつくれても惜しくはないが、ここは輝元様と経家様を結ぶ要の城。渡すわけにはゆかぬのじゃ」
 
 そこへ警護の武士の「今はなりませぬ」という制止の声が響き、それを振り切って入ってきたのは椿姫だった。淡い黄の袿の上に白すずしの金糸銀糸刺繍の『はつき』を腰で結んだ流行の衣装である。

「椿、どうしたのじゃ」
 宣明の問いかけに、椿姫は平伏してから答える。
「お父上、ここは討って出るしかないと思いまする」
「これはこれは、女子が軍評定に意見するか」
 そう言いながら宣明は苦笑している。
 しかし、椿姫は真剣な表情で述べる。
「今はあの猿面大将を立て、安土の城で茶を飲んでる織田信長なるうつけ大名について、先般、父上は教えてくださいましたな。
 あの信長とて、桶狭間の時は、風前の灯し火だったのだぞと」
「いかにも。
 寄せる今川義元は三万の多勢、守る信長はわずか二千五百の無勢」
「つまり、今の当家と同じような有り様でしょう。
 だとすれば当家も天運地運の加護を頼みに、討って出るしかありませぬ」
「しかしな、椿、今に輝元様の軍勢が加勢に来るかもしれぬのじゃ。
 それまではいたずらに動いてはならぬのよ」
 宣明が言うと、椿姫はきつく見返した。
「しかし、今を長く過ぎては我が兵どもの腰も立たなくなりまする。
 父上は城内の兵どもの様子をつぶさにご覧になっておいでですか?」
 思いもよらぬ娘からの詰問に、宣明はただ目を見開くのみだ。
「今まで私が見てきた戦時の兵どもは、暇さえあれば酒を喰らい、賭け事に興じており、目が合えばぎらぎらとして、何やら怖ろしきものでございました。
 然るに、今の城内の兵どもは、少しでも風通しがよい日陰を探して、目を閉じて、借りてきた猫のように、ただ寝るばかりでございまする」
「ううむ」
 椿姫の言葉は軍評定の面々を揺さぶった。

 天野助教授の脳裏で、想像がさらに広がっていった。
 椿姫の言葉がどれほど五棟宣明の決断を左右したかはわからない。もしかしたら、たいして影響はなかったかもしれぬ。
 しかし、何よりの問題は、椿姫が最期の出撃に先立って捧げ死んだという事実だ。

 その瞬間、天野助教授は怖ろしい着想に取り憑かれた。
 まさか!

「先生、すみませんが、私は今すぐ東京に帰ります!」
「どうしたんじゃ、そねーなに慌てて」
「はっきりと断定はできぬのですが、大変なことが起きていたのかもしれません」
 天野助教授は郷土史研究家の書斎を出ると、居間にいた志垣に言った。
「志垣さん、今すぐ東京に帰りたいのです、駅まで送ってください」
「そりゃあでーれーじゃ、東京行きの特急列車はそろそろ駅に着く頃じゃ」
「急いでお願いします」
 
 急いで車で岡山駅に乗りつけたが、特急列車はすでに岡山を発った後だった。

「困りたんじゃな。次の特急列車は明日じゃ」
 天野助教授は志垣に頼み込んだ。
「なんとしても今夜には東京に帰りたいのです」
「そう言われても無理じゃが」

 天野助教授は焦燥に満たされて東の空を見遣った。

(吸血鬼ドラキュラ13につづく)





 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 f_02.gif プログ村

  ホーム トップへ
このページのトップへ
この話はia. さんが募集していた??《パクられ話》??に、つい乗ってしまった小話。
オリジナルはこちら まるだし 
最初の2行と最後の1行をいただきました。
  



「おい、見ろよ! オッキーナって、Gカップだってよ」
「ほんとかよ」

 マンガ週刊誌のグラビアを覗いてる酔っ払いの会社員二人組は、鼻の穴をふくらませて、よだれでも垂らしそうな勢いだ。
 バカ、まるだしって、あんたらのことよ!
 周囲の女たちが冷ややかな視線を送った。

 都心から郊外へ向かう夜遅い通勤快速電車は、大きな乗換駅を過ぎて、座ってるのと立っている人数が同じぐらいなった。男女比も半々というところ。

 酔っ払いの向かいの席にかけていたOL風の二人が話し出した。
「知ってた? あの加納姉妹も、元はCカップだったって?」
 ボブヘアーの言葉に、セミロングがうなづいた。
「あ、やっぱりぃ、絶対に作り物っぽいもんね」
 そうそう、とまわりにいた女たちも顎を動かさずにうなづいた。
 単純に悔しいのである。
 そして、あんなニセパイにコロリと騙されるマスコミと男たちに腹が立つのである。

「その整形手術ってのが画期的らしいよ、ホームページ見つけたんだ」
「そうなの」
「ほら、普通、シリコンとか入れちゃうと完全な異物だから害が出たりするわけでしょ。けど、そこのは、画期的な新素材でさ、自分の脂肪を……」
 ここで、まわりの女の耳が徐々にダンボになった。

 突然、大きな声で例の酔っ払い会社員二人組がオッキーナのCMに流れる「スキっとさわやか~」を歌いはじめた。

 チッ!
 整形の話が聞き取れなくなり、立っていた一人の女が舌打ちし、酔っ払い二人組を睨みつけて「うるさいわね!」と鋭く怒鳴った。
 と、まわりにいたダンボな女たちも手を動かさずに拍手する。
 酔っ払い二人組は急に黙り込みうつむいた。

 で、話の続きにダンボたちが向かう。
「だから新素材が自分の脂肪を吸って同化するわけ」
「へえ、すごいねえ」
 ダンボの女たちも顎を動かさずにうなづく。

「だから体に害がなくて、お腹まわりの余分な脂肪が吸収されて、へこむべきところがくびれて、胸が膨らんで一石二鳥らしいの」

 ダンボたちはそれぞれ、つり革ふたつにオランウータンのようにつかまってるオヤジやら、なぜか白手袋で文庫本を隠すようにして立ち読み中の公務員風やらを押しのけて、会話してる二人に五十センチずつ、近づいた。

「私もちょっとやってみようかと考えてるんだ。
 ワンカップでも…。ううん、ぜいたく言わないから、胸が3センチでも大きくなって、ウェストが2センチでも小さくなったら嬉しいじゃない?」
 ダンボの女たちの何人かは思わず顎を動かしてうなづいた。

「でも、高いんでしょう?」
 セミロングの問いにシンクロして、ダンボの女たちも黙って聞き返した。

「それがさ、加納姉妹の頃はすごく高かったらしいけど、今は新素材がうんと値下がりしたとかで案外安いのよ」
「ほんと?」
「うん、月々7千円で48回払いが可能なんだって。
 なんとかできそうじゃない」
「へー、そんなに安いの!
 教えてよ、そこのアドレス」
「うん、いいよ、一人だと心細いから誰か誘いたかったの。
 いい?言うよ、HTTP://WWW.BEAUTY……」

 と、タイミング悪く、酔っ払い二人組が大きな声でまたオッキーナのCMを歌いだす。
「キスして、さわやか~」
 肝心のアドレスが聞き取れなくなり、さっきのプッツン女が、酔っ払い二人組に「警察呼ぶわよ!」と脅し、黙らせた。
 と、ダンボたちもすかさず心の中で拍手。

 しかし、静かになってみると、無情にもセミロングの「わかった、ありがと」という声が響き、ボブのコはアドレスを言い終えてしまっていた。

 ダンボたちはがっかりした。
 まだ黄金のトラの大口開けたプリントシャツを着ている人種ではないので、赤の他人のダンボたちが突然、話題に割り込むのは難しかった。

 すると、そこへ、セミロングが、
「念のため復唱するね、HTTP://WWW.BEAUTYCLINIC…」

 セミロングよ、お前はそつがない、いい女だ!
 私が男だったらお前を嫁にしたい!
 ダンボたちは無言でセミロングを誉めそやし、すかさずアドレスを暗記し、さりげなく携帯メールを確かめるふりをして打ち込んだ。

「それで、いつ、クリニックに相談しに行くの?」
 セミロングが訊ねると、ボブは逆に訊き返した。
「今、何時何分?」
「え、えっとね、0時12分だよ、それが何か」
「日付が変わって、今日は何の日、フッフー↑」
 ボブの顔が妙にニヤニヤしているのを訝りながら、セミロングが答え始める。
「4月ついたっ、
 えっ、エイプリルフール!?
 やだー、やられたー!」
「エヘヘ、今年は私の勝ちだよ!」
「会社で予定チェックしながら『明日はリカコに注意しなきゃ』と思ってたのに~、
 うっかりしてたよ~」
 騙されても和気藹々とボブと喋り合うセミロングは小田茜似のおっとりさわやかキャラである。

 収まりがつかないのは、いつのまにかボブに近づいてアドレスまで打ち込んでいたダンボたちである。
 プッツン女はドンと床を踏み鳴らし周囲を驚かせ、隣の車両へと移って行った。
 他のダンボたちもじわりと距離を戻しながら、そっと携帯のアドレスを消した。
 しかし、その指は悔しさで震えていた。
 もしかして、私も…、

 バカ、まるだし。
  



 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 f_02.gif プログ村

アドレス、なんでメールじゃなくて、口で言うか…との、突っ込みは無しでお願いします(笑)

  ホーム トップへ
このページのトップへ
 †††

 C51型蒸気機関車に牽引された特急1・2列車が、岡山駅に到着したのは深夜の2時すぎであった。
 闇に灰色の煙を上げて走り去る列車を眺めて、天野助教授は「ご苦労さま」と声をかけてやった。
 東京を出発したのは朝の8時すぎであったから、わずか18時間ほどで東京山口間を駆け抜けたことになる。さすが特急列車である。もちろん単なる列車であるから愛称などないわけだが、できれば愛称をつけて呼んでやりたいぐらいだ。蒸気機関車の黒い姿から「燕」などという名前も似合いそうではないか。(*1) 

 そんなことを考えながら、もぎりの駅員一人が立つだけの改札を抜けて、静まり返った構内を歩いてゆくと、脇の方から背広の男が歩み寄り声をかけた。
「失礼じゃけど、帝国大学の天野助教授様じゃろうか?」
 天野助教授より十歳ばかり年上と思われる男は地元のなまりでそう訊ねた。
「はい、あなたは?」
「お迎えして宿まで案内するようにと命ぜられた岡山警察署の志垣とええます。警視庁から署に電話をいただいたそうで」
「屋敷で宿の手配は任せてくれと言われたのですが、あなたが案内してくださるんですか、これはご丁寧にありがとう」
 
 駅前の通りを渡ると、寝静まっている一角に大きな提灯がぼんやり灯ってる旅籠と思われる造りがあった。
 志垣が引き戸を引いて「お連れしたよ」と声をかけながら中に入ると、番頭風の男が立ち上がった。
「けーは、志垣ん旦那」
「こちらが帝国大学の天野助教授様だ」
「へい、ようこそお越し下さいました、遅くにご苦労様でございます。
 さ、どうぞこちらにかけてください」
「夜遅くにすみませんな」
「それは列車の都合、夜分の物騒にかこつけて、迎えを志垣の旦那に任せて、こちらこそえらい手抜きでございまして」
 天野助教授が上がり縁に腰かけると、まだ十三歳ぐらいの小僧さんが桶に張った水で天野の足を拭ってくれた。
「これは気持ちいいですな、生き返った心地だ」
 部屋に通された天野助教授はずっと列車の堅い椅子に掛けていた疲れからすぐに眠り込んだ。

 翌朝、まだ眠気が残る中、仲居の姉さんに起こされて朝食を済ますと、すぐに志垣が尋ねてきた。

「どうです、ちーとは疲れは取れましたか?」
「ぐっすり寝ましたから、どうやら疲れは抜けました」
「ほんなら、出かけますか」
「どちらへ?」
「例の、椿姫じゃけど、どうも署内にそういう学問のある者がおらんのです。その方面に詳しい郷土史研究家にご案内しますけん」
「これはお手配、感謝いたします」

 志垣の運転する岡山県警の車で辿り着いたのは、庭に見上げるほど高い松のある屋敷だった。
 廊下をコの字にめぐって玄関から一番遠い座敷の引き戸を開くと、まるで蟻塚が何十個も並ぶように本が積みあがった向こうに郷土史研究家の頭が見えた。
「先生、帝国大学の天野助教授様をお連れしましたけん、お頼み申します」
 志垣が告げると、積み上げた書物から頭を伸ばして眼鏡をかけた男がうなづいた。
「どうもはじめまして、河野です、あちこち、積みあがっておりじゃが、倒さんよう来てつかあさい」
 天野助教授は積みあがった本塚にぶつからぬように用心して、文机に向かう河野のそばに辿り着いた。
「このたびはお世話になります」
「県警より連絡つかあさったのじゃけど、椿姫っちゅうんは、どっかで一度見たような記憶しかのうて、いろいろ書物をひっくり返して探していじゃが」
「はい」
「いまだ姫の名は出てこんですじゃ」
「お手数かけますな」
「いや、すぐに答えられず、すまんことじゃ」
 しかし、そう言ったきり郷土史研究家は口を閉じ、延々たる沈黙が始まった。時々、書物をめくる音だけが響く。天野助教授も手に取ってみたが、数式に染まった頭では残念ながら古い書を読みくだすのは覚束ない。

 一時間ほど経ったところで、郷土史研究家はおもむろに訊ねた。
「鶴姫ではないんじゃな?」
「そうではないのです」
「鶴姫のこたー、よう聞かれるんじゃ。
 伊予の大祝氏は神職の家柄じゃったが、戦ん時にゃー陣代を立てて戦っとった。
 そけー周防の大内氏が瀬戸内海に侵攻して来た。
 最初は鶴姫の兄安舎が陣代となり守ったが、二度目の侵攻にゃー次兄の安房が陣代となり守ったもんの命を落としてしまう。
 ほんで三度目の侵攻では16歳の鶴姫が鎧をつけて陣代となり際どいところまで押し込まれたが、なんとか撃退した。
 じゃけどな、鶴姫は戦で死んだ兄と恋人を思い、18歳で後を追ってしまう。
 悲しい話じゃろうが」
「なるほど」
「わが恋は 三島の浦の うつせ貝 むなしくなりて 名をぞわづらふ
 鶴姫辞世の句じゃが」
「はあ、しかし、私が知りたいのは椿姫なのです」
 そう答えながら、天野助教授は、椿姫こそが事件を解く鍵に違いないと思ったことに自信を失くしかけてきた。
 直感が外れたのかもしれない。みすずさんの日記に、椿姫の記述を見つけた瞬間、納得の予感があった。みすずさんが椿姫になりたいと書いた言葉と事件の連関を保障するものは何もないのだ。

「さて、他にゃ何か手がかりはないじゃろか?」
「他と言われても、椿姫ということ以外は。五棟男爵との関わりでは何も出てきませんか?」
「五棟男爵だと、そりょーさきー言わなきゃ、回り道じゃ」
 そう言われて天野助教授は慌てた。よくある伝言の間違いだろう。
「それも既に言ってったのですが」
「初耳じゃ、とにかく大事な手がかりじゃ」
 郷土史研究家は突然立ち上がると積みあがった本塚のひとつを抱え込むように崩しては文机の上に移して開き始めた。

 それからまもなくして、唐突に郷土史研究家が叫んだ。
「あった、あった、これじゃ」
 思わず身を乗り出した天野助教授に郷土史研究家が講釈する。
「五棟男爵は遡ると毛利家の家臣なんじゃ。
 信長から強敵の毛利攻略に当てられた秀吉は天才的な城攻めで、味方の損害を最小限に抑える戦略を取ったんじゃ。どげーな戦略かわかるかね?」
「いえ、さっぱり思い浮かびません」
「兵糧攻めじゃ。
 五棟宣明は鳥取城への兵糧中継地にある照葉山城を守っとった。

 羽柴秀吉、照葉山城を囲む。毛利氏の将五棟宣明、果敢に討ち出しては返すも、羽柴秀吉、少しも慌てず。やがて照葉山城の息を止めたり、すなわち水断ちの術なり。

 武田信玄にゃー山堀り人足で組織した部隊があり、敵城の井戸の水脈を断つのを得意としとった。秀吉にこれをやられたわけじゃ。
 人間は水がなければおえんからね。たとえ米があっても煮炊きもできず、水もなけりゃー、そうそう我慢できるもんじゃねー。攻める方は楽じゃけど、攻められる方は惨い餓死地獄じゃ。
 
 五月十日、羽柴秀吉、城より出たる五棟宣明を討ち取る。五棟宣忠、周防に逃れる。一女椿姫これより先に捧げ死す。
 
 椿姫は最後の攻撃の前に死んでいたようじゃ」
「それは、どういうことですか?」
 天野助教授は、これより先に捧げ死す、という言葉の意味を想像しながら言った。

(吸血鬼ドラキュラ12につづく)




(*1)特急1・2列車とは1等2等のみの特急列車。列車に愛称が付けられたのは、昭和4年の3等車なしの上級特急列車「富士」と3等車のみの特急列車「櫻」が始まり。「燕」は翌年。

 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 f_02.gif プログ村

  ホーム トップへ
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

05月 « 2009年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック