銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

ここで出版されたてほかほかの「ドルフィン・ジャンプ」の内容を紹介します!


まず主人公は三名です。

リサ・ヤマモト 山本理沙はイルカのトレーナー。
苛めによるストレス障害をハワイのイルカによるケア施設で治療され立ち直った。
そのまま施設で働いていた彼女だが、暴行未遂事件に遭いロサンゼルスに引っ越し
小さな水族館シーパークのトレーナーになる。


カノン・ウィルソンはロサンゼルスの女子中学生。
喘息と心臓の持病を持っている。母一人、弟一人の母子家庭。
カノンは夢の中でイルカから助けてほしいというメッセージを受けて驚く。
翌朝、学校を抜け出し通学バスから見つけた水族館のポスターまで戻る。


ルーク・フリードマンはロサンゼルスの広告代理店営業チーフ。
失恋の翌日、偶然ポスターに見とれてるとカノンが仮病で乗り込みイルカショーへ。
プールに落ちたカノンはルークと理沙にイルカを悪人から助けたいと訴え、ルークは
カノンの気持ちを壊さぬよう形だけでもと調査にとりかかったのだが……。


鋭い読者の方には、これだけで物語の方向が読めてしまいますね(笑)

長編ではありますが、この三人をしっかりマークすれば(三人が親しくなるか敵対する人物をマークすれば)
その他の人物は軽くスルーしても大丈夫です。(例えばFBIのエージェントはスルーでも可)


カノンが助けたいと言ってたイルカの頭部には陰謀の告発動画ファイルが隠されていて
悪の組織と主人公たちの闘いが繰り広げられます。

イルカショー、スパイ、アクション、SF、進化、聖書などの要素をふんだんに盛り込みながら

シンプルな文章でハリウッド映画のようなテンポでスピーディーに展開しますので

ハラハラドキドキ楽しめると思います!


是非、ご一読を!






このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック