銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

 亜太郎は銭湯の番台のような席に向かって正座させられた。両脇から亜太郎の腕をきつく掴んでいるのは大きな赤い顔に赤い胸、赤い腕の鬼だ。
 番台の後ろには美しい山と花畑をのどかな村の景色が広がっている。
「ここは一体どこです?」
 亜太郎が訊くと赤鬼はジロリと睨んできた。
「閻魔庁に決まってるだろ」

 見ると番台の席に突然、三国志にありそうな冠と衣をつけたブルドッグに似た顔の男が現れ、鬼どもは「閻魔大王様、ご機嫌麗しう」と頭を下げた。
 亜太郎が驚いているうちに、閻魔大王が亜太郎の名前を読み上げた。
「その方、本屋で雑誌を立ち読みするうちに『水戸黄門うふっ入浴シーンだけ8時間』という付録DVDを万引きしたであろう、よってプール送り。以上」
「じょ、冗談じゃない、そんなつまらないDVDじゃ見る気もおきませんよ」
 声を張り上げて抗議したが、廷吏の赤鬼どもの腕力にはかなわない。
「さ、黙ってこっちに来い」
 亜太郎は赤鬼どもに腕を引っ張られてプールサイドに連れてこられた。

 広いプールの赤い水の中にはすでに受刑者がざっと数百人必死で浮いている。
「いいか、死にたくなければひたすら体力の続く限り泳いで浮いていろ」
 赤鬼はそう言うと、亜太郎は赤い水を湛えたプールに突き落とした。
 鼻をつく匂いと口に紛れ込んだ味は鉄さびた濃いもので、プールを満たしているのが水ではなく血であることを教えていた。
 亜太郎のすぐ後ろで水しぶき、いや血しぶきが上がり女の声が続いた。
「助けてーッ、私、泳げないの」
 亜太郎に続いて突き落とされたのはリクルートスーツの女性で彼女はバタバタと犬掻きをした。だがプールの中でもがいている数百人の受刑者の誰一人、それを笑う余裕などない。
「がんばれ、上着は脱いだ方が動きが軽いぞ」
 亜太郎は自分のスーツも脱ぎながら、そう声をかけることしかできない。
 水深、いや血深はどれほどかわからないが亜太郎の足が届かない深さはある。プールサイドには金棒を持った怖ろしい形相の赤鬼どもがずらりと立っている。

「ありがと、少し楽になった」
 就活の女の子は少し落ち着いたようだ。
「僕は亜太郎、君は?」
「アサミ」
「よろしく」
「こちらこそ。プールサイドに上がって休めないですかね?」
「だめだと思うよ、ここは休める雰囲気ないもの」
「ですよね」
 アサミは鬼どもの怖ろしい顔を眺めて頷いた。おそらく勝手にプールサイドに上がろうとすればあの金棒で突き落とされるのに違いなかった。

 このプールに突き落とされる間際、鬼は死にたくなかったらひたすら体力の続く限り泳いで浮いていろ、と命令した。
 しかし、体力が途切れたらどうなるんだ?
 亜太郎がふと疑問を思い浮かべたが、その答えはまもなく目のあたりにできた。
 亜太郎の五メートルほど前で弱々しく立ち泳ぎしていた一見ムキムキマッチョの青年が急に沈み込んだ。
 次の瞬間、マッチョは慌てて口から浮いて喉に流れ込んだ赤い血をいったんは噴水のように吐いた。だが、すぐに「あ、足が」と弱々しく叫んでまた沈んでいった。
 足が攣ったのかもしれないが、亜太郎は自分が浮いてるのが精一杯で何もできない。

 するとプールサイドで監視していた赤鬼どもが手を叩いて喜んだ。
「おお、溺れた、溺れた」
「浮いてみせろ」
「浮け、浮いてこいよ」
 しばらく赤鬼どもは金棒を突き鳴らし口々に騒いで待っていたが、マッチョが浮いてくる気配はない。

 どうにも浮いて来ないとみると中の一人の赤鬼が「チッ、仕方ねえな」と呟いてザブーンとプールに飛び込んだ。
 そしてマッチョが沈んだあたりで、深く潜行した。
 まもなく水面ならぬ血面にザバアと血しぶきの噴水があがった。
 肩まで浮いた赤鬼はマッチョの首を大きな手につかんで、ひょいとプールサイドに投げ上げた。
 そこで今度は赤十字のゼッケンをつけた、しかし形相は怖ろしい青鬼がマッチョの青く生気の失せた顔に唇をつけた。
「キャーッ」
 アサミは自分の近未来を想像し重ね合わせたのだろう、大きな悲鳴を上げた。
 青鬼はスーッとマッチョの口を吸ったかと思うと、横を向いてマッチョの飲み込んでた水、いや血をブブブーッと吐き出した。
 そして青鬼は50センチはありそうな青い舌をマッチョの口の中に再び入れた。
 するとどうだ。
 蒼ざめていたマッチョの顔に次第に赤味が戻り始めた。
 さらに青鬼は一升瓶から液体を口に含むとマッチョに口移しで飲ませた。
「ううーーん」
 マッチョは頭を振って生き返った。
「どうだ、体力が蘇っただろう」
 青鬼に訊かれて、マッチョは頷くしかなかった。
「は、はい、おかげさまで」
「うむ、戻ってよし」
 青鬼にドンと突き飛ばされたマッチョは再び血のプールに落とされて、虚しくもがき、再び立ち泳ぎを始めた。
 
「これじゃあ地獄だ」
 そう呟いて亜太郎はここが地獄だと改めて思い知らされた。
 アサミは思ったより粘っている。女性は体脂肪の点では男性より優位だから、案外体力消耗の少なそうな犬掻きとの組み合わせは有効なのかもしれない。
 とはいえ、この血のプールにいる者は、いずれ皆、体力が尽きて溺れ死ぬ。そして溺れ死んだところを、鬼どもに引き上げられ蘇生されて、また突き落とされる。その責め苦を延々とリピートし続けるのみなのだ。 
 
 なんとか脱出する方法はないのか?
 亜太郎は立ち泳ぎしながら、岩のドームになっているプールの天井を仰ぎ見た。
 岩のドームの中央には幅十メートルぐらいだろうか、ぽっかりと穴が開いていて更に上層階があるようだ。
 その時、キラッとなにやら光るものが目についた。
 なんだ?
 その光はツーと伸びるように次第にこちらに近づいてくる。
「あ、あれはもしかして」
 蜘蛛の糸かもしれない。そうだ、昔、教科書で読んだ蜘蛛の糸だ。うまく切り抜ければこれで助かるかもしれないぞ。
 亜太郎はさりげなく周囲を見回して、蜘蛛の糸の真下へとそっと移動した。
 幸い、皆は沈まないようにするのに必死で、今のところ蜘蛛の糸に気づいているのは亜太郎だけのようだ。
 蜘蛛の糸はぐんぐんと亜太郎の肩まで伸びて止まった。
 急がないとな。
 亜太郎は心に呟いてその末端を掴むと全身の力を込めてよじ登った。

 赤鬼どもは蜘蛛の糸をよじ登り始めた亜太郎に目ざとく気づいたようだ。
「おっ、始まったぞ」
「見ものだ、見ものだ」
「それ、皆、飛びつけ、掴まれ」
 鬼どもは邪魔はせずに手を叩いて見守る。
 たぶん皆が飛びついて、糸がぷつんと切れるのを楽しみにしてるのだろう。
 そうはいくか。

 亜太郎は1メートルほどよじ登ったところで蜘蛛の糸を左手で掴むと、右手を下に伸ばしてこちらは糸の末端を掴もうとした。
 すると近くにいたアサミが気づいて手を伸ばしてくる。
「私も、私も連れてって」
 アサミは蜘蛛の糸の末端を掴んできたが、亜太郎はアサミの手を叩いて払った。
「ひどーいッ」
 アサミは叫ぶが、亜太郎は言ってやる。
「蜘蛛の糸の耐久性を考えてみろよ。君は冷静に次の糸を待てばいいんだよ」
 亜太郎は糸の末端を引き上げ自分の肩にまきつけた。これでもう糸は誰にも掴めないだろう。
 アサミは悔しそうな顔はしたが、亜太郎の言い分も理解したように見えた。
 すると今度はさっきの蘇生で体力の蘇ったマッチョがジャンプして亜太郎の足にしがみついてきた。
「離せよ、この野郎」
 亜太郎は急いでベルトを外すと、ずり落ちるズボンごとマッチョを蹴り落とした。

 ワイシャツにパンツという格好の亜太郎はどんどん蜘蛛の糸をよじ登って、ついにドーム中央の穴から上層階に辿り着いた。
「芥川先生、ありがとう。あの話を知ってたおかげで助ったよ」
 亜太郎が呟いて立ち上がると、たくさんの人々が拍手して英雄を迎えてくれた。 

 ◇

「亜太郎さん、起きていいですよ」
 看護師の優しい声に揺り起こされて亜太郎は思い出した。
「そうか、就職試験の最終試験、危機対応のバーチャルテストを受けてたんですね」
 亜太郎が言うと、はしだえみを若くしたような看護師は微笑んで「そうですよ」と頷いた。バーチャルテストは試験官の設定したバーチャルな危機を半覚醒の夢の中で体験して対応能力を試されるというものだ。看護師は亜太郎の頭にいくつも付けられていた脳波モニターの端子をひとつひとつ外しながら声をかけてきた。
「私、顔を見ると結果がわかるんです。テストはうまくいったみたいですね?」
「ええ、ピンチをうまく切り抜けました」
「こちらの試験は終了です。面接室へどうぞ」
 亜太郎は上機嫌で靴を履いて脳波試験室から面接室へと向かった。

 面接室に辿り着くと丁度ドアが開いて、さっきバーチャルテストの中で見たアサミが出て来た。
「あ、貴方は亜太郎さん!」
「やあ、アサミちゃん! 君も試験が終わったんだね?」
「ええ、亜太郎さんが上着を脱げとか、次の糸を待てって教えてくれたから合格できました。ありがとうございました」
 アサミはペコリと頭を下げた。テスト中は緊張した顔しか見せなかったが、落ち着いたアサミはなかなか可愛いくて亜太郎は一気にトキめいた。
「いやあ、危機を切り抜けたのはアサミちゃん自身の実力だよ」
 そこで係官がドアから顔を突き出して亜太郎の名を呼んだ。
「僕の番だ。じゃあこの続きは入社式で」
「ええ、それじゃあ。あの、また会うのを楽しみにしてます」
 含みのある言い方をするアサミと笑顔で別れて亜太郎は面接室に入った。

 テーブルには五人の面接官が並んでいた。その中の一人が笑いながら言った。
「バーチャル試験お疲れ様でしたね。もちろん結果の方はリアルですよ」
「ええ、ありがとうございます」
 別の面接官の一人が声をかけてくる。
「貴方は機転を利かせて、よく危機を乗り越えましたね」
 亜太郎は得意に思ったが、言葉は「いえ、それほどでも」と謙遜した。
 そこで突然、面接官の口調が変わった。
「しかしながら仲間を蹴落としても自分ひとり助かろうという卑しい、さもしい精神は、当社は元より、人類にとっても百害あって一利なし。よって貴方の採否は」
 面接官は「否です」と言い、デスク上の大きなボタンをバンと押した。
 
 床板がふたつに割れて開き、椅子がまっ逆さまに向き、亜太郎は宙に放り出された。
「うわわあーっ」

 落下する先にあるのは赤い血のプールだ。

 大きな血しぶきが上がり、体を叩きつけられた亜太郎は落下の勢いのままいったん血のプールの底深く身を沈められた。
 必死でもがいて血面に浮き上がるとプールサイドに並ぶ鬼どもが笑っていた。
「やっぱりこいつは落ちてきたな」
「予想通りだ」
「俺も当たった」
「なんだ、全員当たりか」
「これじゃあ賭けの儲けがないな」
 鬼どもの笑いがドッと湧いた。

 亜太郎が呆然としながら立ち泳ぎをしていると、いつの間にかマッチョが亜太郎のそばに近づいてきて腰に手をまわた。
「よっ、新入り、仲良くしようぜ」
「なぜだあーっ」
 亜太郎は涙を流して叫ぶのであった。     了




 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 プログ村

 ホーム トップへ



このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

12月 « 2017年03月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック