銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

 ショックだった。人生初めての追試だ。

 木佐間亮は放課後残って、追試を受けるはめになった。
 科目はもちろん数学だ。
 クラスの三分の一ぐらいが教室に残った。
 とほほ、俺の数学の実力はクラスの三分の二未満ということだ。
 
 教師は入室すると出欠を取って言った。
「よし、じゃあ不要なものはしまって。
 携帯もしまえ。
 計算尺も電卓もだめ」
 田中が言った。
「電子翻訳機はいいすよね?」
 教師が却下する。
「何に使う。電子翻訳機もだめだ」
 真由美が聞く。
「DSはいいですよね? 行き詰ったらリラックスしたいです」
 教師が却下する。
「DSもだめだ」
「眼帯はいいすか?」
 川藤が訊くと、教師はそっけない。
「診断書のない眼帯、包帯もだめ」
 柴崎が冷やかす。
「お前の通魔眼を封じられたな」
「ああ、最後の希望だったのに」
 川藤は頭を抱えた。
「ペンダントはいいですよね、私はあのペンタグラムがないと魔法を使えないんです」
 おバカなさやかが渇望した。
「だめ!
 いいか、お前たち。
 今回は校長から簡単にしてやってくれと頼まれて、うんとやさしい問題にしてある。呪文も覚えられないお前らが魔法を使えなくても解けるような問題だ。
 じゃあテスト用紙を配るぞ」
 
 問題が伏せて配られて全員に行き渡ったところで、教師は言った。
「問題をよく読んで、解くように。わかったな。それでは始め」

 ひっくり返して亮は唸った。
 誰かも思わず「この問題はこの前の」と口走った。
 そうだ、この前の本テストと同じ問題だ。ただ答えが前回は空欄を埋めるものだったのが四択にやさしくなってる。
 たしかに正解確率はアップする。
 だが、教師は勘違いしている。
 これではこの前とレベルそのものが変わらないではないか。
 この前だめだったやつに、同じ問題を出したって、復習なんかほぼしないんだから何の救済にもならないじゃないか。

 亮はおぼろげな記憶を頼りに問題を計算し出した。

「問題をよく読めよ」 
 教師は歩き回りながら何度もそう言った。
「問題をよく読めよ」 
 教師は亮の前でも足を止めて繰り返した。
 亮はむっとして言った。
「すみません、気が散るので黙っててください」
 教師は「そうか」と言って静かになった。

 追試は終わった。

 亮はほっとした。
 なんとか赤点はクリアできたと思った。
 すると、他のやつらは意外なことを喋り合っていた。
「俺、もしかして人生初の百点満点かも」
「あ、あたしも。簡単だったよね」
「あれで百点取れないなんてバカだよな」
「百点以外は人間じゃないだろ」

 えっ、そこまで簡単じゃないだろ。
 亮が怪しんでいると、クラス一のバカと思われてる魔術狂いのさやかが訊いてきた。
「亮は必死になんかコツコツ書いてたね」
「いや、復習してなかったから計算するのにえらい時間がかかってさ」
「えっ」
 全員が亮のまわりに集まった。
「お前、人間以下決定!」
「こんなバカいないよね」
「いじめになるから死ねとは言わんが」
 全員が爆笑した。
「な、なんだってんだよ?」
 亮が泣きそうになるとバカな筈のさやかが教えてくれた。
「普通は問題文の最後に、正しいと思う番号に○をしなさい、てあるでしょ。
 だけど今日のテストは、その最後のところが、たとえば、正しい三番に○をしなさいって超親切に書いてあったじゃない。
 だから問題の最後に書いてある番号に○するだけでよかったんだよ。
 あれだけ先生が繰り返して問題をよく読めって言ってたのに、亮は問題の最後までよく読まずに正直に自力で解いてたんだね」
「そういや、あれ、亮か、問題よく読めって言ってる教師に黙ってろっとか言ってたの」

「あっ、あ゛あ゛あ゛あ゛ー」
 亮は頭を抱えて叫んだ。亮は文系に進みましたとさ。     了



ま、ここまではないだろうが、懐かしいw

 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 f_02.gif プログ村

  ホーム トップへ

このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック