銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
 昨日、140万人が集まった会場で、宣誓を行い就任した新大統領は翌日、朝早くから執務室に出勤した。

 デスクには前任大統領からの置手紙がある。
 とんでもない秘密が書いてあったらどうしよう。
 大統領は少しドキドキしながらそれを開けた。
 前の国防長官が就任翌日か翌々日に大きなクライシスがあるだろうと予言していたからだ。
 おかげで昨日はどんなクライシスがあるのか考えて、心配が次々と沸いてきて、まったく眠れなかったのだ。午後には軍幹部と面会する予定なので、その場で、前任者が残した非人道的な秘密命令でも明かされるのではないかというのが一番の不安だった。しかし、シークレットサービスを通じて諜報組織に探りを入れさせたが、それらしき匂いもないと言う。
 置手紙をそっと開いてみる。
《親愛なる大統領 派手に演出すると私のように国民の支持を得られるよ、へへへ!
 鷲の絨毯の下に粉が撒いてあるけど、私の秘密の呪術パウダーだから触らないで!
 引継ぐことは他に何もなし。神の加護を!》
 やつが呪術に凝ってるのは知っている。どうってことはない。
 大統領はその手紙をゴミ箱に捨てようと思ったが、後々、チャリティーオークションに出して高く売った方がいいかもしれないと考え直して引出しの奥にしまった。

 そこへ気心の知れた大統領首席補佐官が顔を見せる。
「ハーイ、大統領、世界の大国と中東の紛争国に電話で挨拶する時間だよ」
「うん、わかってる」
 受話器を持ち上げると、既にダイヤルをオンラインにした交換手がどこの誰が出ると伝えてくれる。そうして次々と相手に挨拶する。
 緊張したのは中東の国だ。
 もし敵国を核攻撃するので黙認しろなんて切り出してきたら、どう返答しようかと思ったが、それもなかった。
 フーッ。
 電話を終えた大統領は溜め息を吐いた。
 背中にはたっぷり汗をかいている。
 しかし、主席補佐官は休みを与えてくれない。

「10時からはありがたい市民との握手会の予定だ」
「わかってる、何人だっけ?」
「200人だ」
「ボディーチェックは大丈夫なんだろうな?」
「もちろん、気になるのか?」
 もしかしたらクライシスとは自爆テロみたいなことかもしれない。しかし、そんな弱気な面を見せるわけにはいかない。
「いや、シークレットサービスを信頼してる。聞いてみただけだ。
 それにしても200人だと一人1分で3時間かかるな」
「だから一人15秒ですませてくれ、後の予定がつかえてるんだ」
「オーケー、任せてくれ」 
 大統領が笑みを返すと、そこへ次席補佐官が駆け込んできた。
「大統領、財務長官から緊急の電話が」
「一体、なんだ」
 大統領は椅子にのけぞって受話器を取り上げた。

《やあ、新しい椅子の調子はどうだい?》
《大統領、緊急に命令をいただきたいのです》
 大統領の顔から血の気が引いた。
 こいつか、この電話がクライシスなのか?
《どういうことだ?》
《時間がないので手短かに言います。いろいろな銀行企業に対する救援策で、わが国庫の資金が不足しそうなのです。
 もちろん輪転機はありますから、いくらでもドル紙幣や国債を刷ってお金を産み出すことはできますが、前任者がすでに沢山刷ってます。これ以上刷ると流通量が増えすぎて、わが国は急激なインフレに陥るでしょう》
《エコノコミック・クライシスか!》
《ええ、そこで前の財務長官は本日指定期日のオプションを大量に買い込みました。東部標準時10時丁度に、ドル円が90円ジャスト以上なら国庫に3000億ドルが入ります》
 大統領はめまいがした。
《そしてその中の200億ドルでドル円を買い、ユーロドルとポンドドルを売り、ドルのレート全体を押し上げます。たぶんドル円は一気に100円まで上がるでしょう。これは株価にも良い影響を与えるでしょう》
《もし90円未満だったら?》
《オプションは紙くずになり、収入はゼロ、掛け金は丸損です》
《アンフェアだ。政府にインチキ博打をしろというのか?》
《インチキ博打ではなく、コールオプションです》
 大統領は声を荒げた。

《そういう金融商品がそもそもの今回の経済危機の始まりじゃないのか。わかってるのか?》
《しかし、GMやシティが資金を欲しがってきたように、財務省にもFRBにも資金が必要なのです。ここは一度だけ、オプション価格を強硬に守るよう指示してください。すでにディーラーたちの準備はできてます。一気に91円近くまで押し上げれば強力な売りの邪魔が入っても90円を守れます。そうすれば国庫に自動的に3000億ドルが入るのです》 
 大統領の脳裏に、ふと家族の顔が浮かんだ。
《いや、だめだ、国家が為替操作をすることはダーティーだ》
《これはあなたの罪でも不名誉でもない、前任者の仕組んだことを追認するだけです、ノーの答えはあり得ない。大統領、ご決断を》
 大統領はしばし沈黙した。今の国家財政に3000億ドルは貴重だ。
《時間がありません》
 時計は9時55分を指している。
《大統領、今すぐ、ご決断を》
 催促されて、大統領は口を開いた。
《ノーだ!》
《3000億ドルを捨てるのですか?》
《ノーだ!
 もう、この件で二度と報告するな》
 大統領は受話器を叩きつけた。
「一人にしてくれ」
 大統領は補佐官二人が去ると、一人、窓枠に両手を大きく広げてつき、芝生を眺めおろした。

 大統領には優秀な息子がいた。これが小学生のくせに、素晴らしいトレードの才能のある子供で、綿密な分析を行った末、ドル円の適正価格は60円ぐらいと結論づけて父親にいろんな経済用語を駆使して説明していた。そして、今まで貯めた全財産の1000ドルでドル円を全力売りしていて、そのPC画面を、このところ毎日、自慢そうに父親に見せていたのだ。
 もし、ドル円が100円になったら、息子の1000ドルは跡形もなく吹っ飛んでしまう。そんなことになったらショックで息子は才能も自信もダメになってしまうに違いない。


 大統領は呟いた。

 初日に家族と国家を天秤にかける決断を迫られるとは、大統領がこれほどまでに過酷な仕事とは想像もしなかったよ。    了






 この話はフィクションであり、実在の人物、組織とはまったく関係ございません。

※但し、今月21日にはドル円90円の巨大コールオプションがあり、2000億ドル(日本円だと18兆円ですよ!)の夢が紙くずになったというのは事実のようです。誰が買っていたかは謎であります。
 金額的に並のヘッジファンドとは思えず、もしかしたらあの政府自体が、と発想してみました。
 そう考えると、可能性はありそうです。そして他国の為替操作を非難する大統領の正義感が、自国の前任者の陰謀を突っぱねた可能性もあるかも…、うーむ。


 ↓ おひとつ、お好みを、ポチお願いします
 f_02.gif プログ村


  ホーム トップへ

スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    『地球人も宇宙人』。
    写真はッシェル・ポルナ
    レフの真似です

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。