銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

お母さんは私の体を抱きしめた。


「ごめんなさいね、でも死んだなんて言ってないわ。

あなたは、ヒロキが心配だからそう考えたのね。

大丈夫よ、ヒロキは隣の部屋にいるわ。


ただ、心の準備をしておかないと、ショックを受けるから。

手紙にも説明あったかもしれないけど、ヒロキはまだ治療法のない難病なの。


車椅子に座ったきりで、喋るのもよく聞き取れないかもしれない。

それでもよかったら、是非、会ってやってください」


私はハッとして、頬の涙を笑顔で拭いた。

「もちろんです!

そのために来たんだもの!」



お母さんに案内されて隣の部屋に入った私は車椅子に駆け寄った。


ヒロキさんは照れて微笑んでいた。

私は両手でヒロキさんの手を包むように握りしめた。


「ヒロキさん、よかった!

『最後の一葉』なんて言うから、私、ヒロキさんが死んだのかと勘違いしちゃった!」


「おっ、ち、こ、ち、いたあ」

ヒロキさんは一所懸命喋るけど、病気のせいで音がつながってなかった。

「あー、わかった!

どうせ、私は、おっちょこちょい、ですよ~」

ヒロキさんが笑顔になると、私の背中の方でお母さんの声がした。

「ヒロキ、こころさんが来てくれてよかったわね!」

そう言い残して、お母さんはそっと部屋から出て行った。


「ヒロキさん、私はヒロキさんのおかげでこんなに元気になったんだから、

今度は私がヒロキさんを元気にしてみせる!」

「あい、か、と、

こん、な、ほ、くえ、い、い?」

(ありがと、こんな僕でいい?)

私は大きくうなづいて答える。

「愛するひとが、重い病気だからって、見捨てる筈ないでしょ!

それより先に、重い病気の私を見捨てずに応援してくれたのはヒロキさんでしょ!

ヒロキさん、愛してます!」


「ここ、お、ちゃ、

あい、し、て、う!」

(こころちゃん、愛してる!)


こんな展開は想定外だけど、もう勢いにまかせるしかない。


私はうっすら目をつぶり、ヒロキさんの唇に自分の唇を重ねた。

暖かいものが、胸と、目に、込み上げてきた。


私もヒロキさんも生きている。

それだけで、この世で一番素敵なことなんだって感じる。


大丈夫、きっと二人とも病気を治して生きていけるよ!

私はヒロキさんと愛し合って生きてゆくんだ!


私はそう心に誓った。


    -了-




↓よろしければ、ひとつ、お好みをポチお願いします

 f_02.gif プログ村

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

12月 « 2017年03月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック