銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

『最後の一葉』という短編は有名だから知ってるかもしれないよね?

それは、当時は治療の大変な肺病で寝込んでしまった病気の娘ジョンジーの話だ。

弱気になったジョンジーは、向かいのピルの壁に残るツタの葉をいつも数えている。

そして、あの最後の葉が落ちたら、自分も死ぬのだと不吉なことを言い出す。

同居人スウからその話を聞いた老画家ベアマンは、ジョンジーの眠る中、スウと共に最後の一葉が落ちてしまったのを目撃する。

しかし、翌朝、ジョンジーが窓を開けてもらうと、一枚の葉が嵐にも負けず、壁に貼り付いて残っているのを発見する。

何日たっても落ちない、最後の葉にジョンジーは生きる勇気を取り戻す。

その最後の葉はジョンジーを勇気づけるために、老画家ベアマンが壁に描き残した最後の傑作だったという話だ。


実は、僕の病気は全身の筋肉が衰えてゆく難病で、パソコンのキーボードを使ってもこころちゃんのメールに返事するのがだんだん大変になっていったんだ。

メールを1行打つだけで5分かかってたのが、次第に8分になり、10分かけても1行も打てなくなり、病状は悪化していった。

メールだけがこころちゃんと僕の絆なのに、それがどんどん出来なくなってゆくことが、どんなに辛かったか想像してみてほしい。


僕の病気は、現在のところ、いい治療法が見つかってないんだ」


ヒロキさんは、そんなに重い病気だったんだ。

自分のことばかりで精一杯で、ヒロキさんのことを思いやるのを忘れていた。

私は自分のうかつさを自己嫌悪して涙を浮かべた。


「だけど、こころちゃんも大変な病気と闘っているんだから、メールはいつまでも続けてゆきたかった。

僕の手の筋肉がだめになっても、なんとかして、こころちゃんに、メールの返事を送り返せないかと考えぬいた。


そして、自動返信のソフトを思いついた。

ほら、どこかのサイトに登録したりすると、名前やアドレスを反復して送り返してくるだろう?

あれと同じ仕掛けだよ。

こころちゃんの使いそうな文例をあらかじめ組み込んで、この文にはこの文で返事する、全く想定外の文はそのまま繰り返し肯定する、というように、24時間、半永久的にパソコンが返信してくれるんだ。

それを大学の同級生に手伝ってもらいながら創ったんだ。

こころちゃんに病院で会った時には、家のリビングにおいてあるパソコンの中で、それは完璧に動いてくれた。


ごめんよ、でも、こうするしか僕にはこころちゃんに返事し続ける方法がなかったんだ」

私の頭に、すごくいやな想像がよぎった。

ちょっと待って、最後の一葉の画家は死んでしまうんでしょ?

まさか、まさか、ヒロキさんは死んでないよね!?


混乱した私は手紙の説明が信じられなくて、その場でヒロキさんにメールを打った。


《ヒロキさんは元気なんでしょ?

ヒロキさんは生きてるんでしょ?》


すると、リビングのサイドボードの上で眠ったように黒かったノートパソコンの画面が明るくなって、四角い枠の中に、メッセージが現れては、次のメッセージに切り替わった。

メール受信中!


返信メール作成中!


返信メール送信中!


返信メール送信成功!


『最後の一葉』作戦成功!


私の頭の中で勝手にすごくいやな考えがふくらんでゆく。

その直後、携帯にメール着信音が鳴り、私の不安は破裂しそうになった。

「ヤダー!」

急に私が叫んだので、お母さんはびっくりした。




↓よろしければ、ひとつ、お好みをポチお願いします

 f_02.gif プログ村

 
10ヒロキの愛、こころの愛 5 へ

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック