銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
 ◇ ◇ ◇


私が病院に行く日は最初2週に一度だったものが、ひと月に一度になっていた。

「先生、こんにちは」

そう言いながら診察室に入ると、佐藤先生は嬉しそうな顔になる。

「よう、久しぶりだな」

「はい、Day187です」

骨髄移植後の日数をそうやって数えるのはこの病気の患者ならではだ。

「その後、変わったことはあるかい?」

「相変わらずドライアイ、ドライ肌、下痢も時々」


「そうだな、どれも慢性GVHDのせいだから、大変だな。

でも、その症状が出るということは、同時に、お父さんからもらった免疫力が体の奥に潜んでる悪玉もきっとやっつけてるってことだよ。

そう考えてがんばってくれよ」


「はい、命を救われたんだから、これぐらいは我慢しないとね」

「さすがはこころちゃん、こういう患者さんばかりだと医者も楽だよ、ハハハ」


佐藤先生が笑っていると、リカさんが「先生、すみません」と書類を持って入って来た。

「あら、こころちゃん、久しぶり!

ずいぶんきれいになったんじゃない!」

私は「え、そうですか?」と言いながら照れた。

「そうかな?」と佐藤先生。

男の鈍感なつぶやきにリカさんが噛み付いた。

「すごくほっそりして、髪も戻ったじゃないですか!

たくっ、先生は検査の数字しか見てないんだから」


「参ったな、こころちゃんごめんな」

佐藤先生は苦笑いした。


「じゃ、いつもの注意事項守って、風邪気味になったら外出は控えて、薬を続けてな。

もう少しGVHDの症状を見て、免疫抑制剤をまた減らしてゆこう。

あとはマルクしたら帰っていいよ」


とたんに私が「はあ」とうつむくと、佐藤先生がなだめてくれる。

「大丈夫、これはまあ手続きみたいなもんだ、そんなにしょげるなって」

「だって、マルクは嫌いだもん」

「そんな子供みたいなこと言ってると、さっきマルクした翔子ちゃんに笑われるぞ」

「え、翔子ちゃん、来てるんですか?」

「ああ、定期の診察に来て今休んでるよ。

こころお姉ちゃんはマルクが怖くて逃げ出したと言っておこうか?」


「失礼ですね、受けないとは言ってませんよ」

佐藤先生に笑われながら、私はマルクの検査室に入った。


すると翔子ちゃんがベッドに横になって休んでいた。

「久しぶり、翔子ちゃん、移植の前に手紙ありがと!」

「あ、こころお姉ちゃん、調子良さそうだね!」

「うん、退院してDay187になったよ。

翔子ちゃんも元気そうね!」

髪が豊かで、顔もむくんでないし、肌なんかも健康そうだから、翔子ちゃんも良い状態なのだろう。

「うん、超久しぶりのマルクだよ。

ところで、お姉ちゃん、彼とデートはもうしたの?」

翔子ちゃんが聞いたので、私は正直に答えた。

「ううん、まだ。

Day200になったら、彼に会いに行こうと思ってるんだ」

「ということはあと10日ちょっとか、楽しみだね!

こころお姉ちゃん、幸せになって、ラブラブのところを写メしてね!」

「え、どうして写メあげなきゃならないの?」

「私はこころお姉ちゃんの先輩だし、恩人でしょ?」

「翔子ちゃんはおませね」

そう言いながら私はウキウキするのを感じた。


(つづく)



↓よろしければ、ひとつ、お好みをポチお願いします

 f_02.gif プログ村

 
10ヒロキの愛、こころの愛 3 へ

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。