銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

ずっと吐き気が続いている。

口の中も腫れぼったい。

冷蔵庫から氷を出して口に入れると少しすっきりするけど、すぐ溶けてしまうので続かない。

この前のピンチの時は、意識も朦朧としてたせいで辛さを連続して感じることはなかったけど、今回は吐き気エンドレスで時々もどすから、精神的には今回の方が辛い。


キャッ!

私は不意に鼻血がこぼれるのに気付いた。

慌ててティッシュを鼻に詰め、トレーナーの胸についた染みを拭いた。


電話で看護士さんに言うと、様子を見に来てくれた。

目だけだしたものものしい白衣の看護士さんは私の様子を見てうなづいた。

「体中の粘膜が弱ってるから、鼻血も出やすいの。

止まったようだし、あまり心配しないでいいと思うよ。

他に痛いところとかある?」


「吐き気は続いてるけど、

痛みは、特にはないかな」


「吐き気止めは一応決められた量は入ってるけど、先生に聞いてみるね」


そう言って出て行った看護士さんからすぐに電話がかかってきた。


「面会の人が来てるよ」と言われて、面会の窓を見たら、なんと私服の看護士のリカさんだ。


「リカさん、どうしたの?」

窓越しに電話で話をすると、リカさんは嬉しそうに笑ってる。


「夜勤明けて帰ろうとしたらね、珍しい人に会ったの。こころちゃんへって手紙をもらったんだ」


そうか、面会は原則として家族しかできないので、手紙をリカさんが預かってきてくれたんだ。

その時、私の頭の中に、ヒロキさんの笑顔が輝いた。

この前、いきなり病院に来てサプライズなひとだから、今回だって、何も言わずに来てくれたのかもしれない。

そうだ、ヒロキさんに違いない!


「もしかして、ヒロキさん!」


私が言うと、リカさんが驚いた目になった。


「あ、ああ、こころちゃんの彼氏ね。

残念でした、今回は女の子からなのよ」


私はバツが悪くて、顔を火照らせた。


リカさんもさすがに症状のつらい私に突っ込みはせずに、手紙の主を明かしてくれる。

「ほら、前に隣のベッドだった翔子ちゃん」


私もうなづいて微笑んだ。

「ああ、翔子ちゃん。

また入院してきたの?」


「ううん、翔子ちゃんは、維持療法に移ったから通院だけなの。

それで外来に来たついでにナースセンターに顔見せたから、こころちゃんがもうすぐ骨髄移植なんだよって話したら、じゃあ、お手紙書くよって」


「そうか、順調なんだね」


「じゃあ翔子ちゃんからの手紙、読むね。


こころお姉ちゃん、覚えてますか?翔子です。

こころお姉ちゃんが骨髄移植を受けると聞いて、手紙を書いてます。

私は移植なしで薬だけでよくなれて、今は学校にも通っています。

少しだるいけど、毎日、元気です。

こころお姉ちゃんもきっと元気になって学校に通えるようになると私は信じています。

がんばってくださいね!

そうだ、こころお姉ちゃんのボーイフレンドの写真、まあまあなんて言ってごめんなさい。

ちょっとうらやましかったです!

早くラブラブデートできるといいね!」


リカさんが手紙をたたむと、私はお礼を言った。

「ありがとう、翔子ちゃんにお礼言っといて下さい」


(つづく)



↓よろしければ、ひとつ、お好みをポチお願いします

 f_02.gif プログ村

 
9ガッツポーズ 7 へ

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

12月 « 2017年03月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック