銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
とうとう朝が来た。

もう逃げるわけにはいかない。

朝の面会時間になった途端、お母さんが入って来てくれて、ホッとした。


「先生も言ってたでしょ。

今回は前の治療より、さらに免疫力が落ちるんだから、クリーンルームの決まりをちゃんと守るのよ」

「わかってるって、うるさいな」

なんて、いつもと同じ口答えが妙に心地よかったりする。


「大変だろうけど、がんばってね」

「うん、心配しないで。私はお母さんの子だから頑張れるよ」

お母さんは目頭を押さえて後ろを向いた。


「私、美容室行ってくるね」

私はそう言って病院の中にある美容室に向かった。

今回は、枕元に落ちる髪を取るのも大変なので、抜ける前に髪を剃ってしまうのだ。



つるつる頭をバンダナで覆って病室に帰ると、ちょうど佐藤先生と看護士のアカネさんも来てて、母と一緒に迎えてくれた。


「準備万端だな」

「まあね」

「お、えらいな、余裕だね」

佐藤先生が言い、アカネさんがクリヤーホルダーに挟んだ書類を渡してくれる。

「じゃあ、これを持って放射線科に行って、帰りはそのまま、クリーンルーム病棟に行ってもうひとつの書類を渡してね」


「はい、行ってきます」


「頑張ってな」「頑張って」


みんなに励まされて、私は放射線科に向かった。


放射線は1時間かけて三日連続で受けることになる。


放射線は見えないから実感がわからないが、体は確実にだるくなった。


それからクリーンルームに入り、看護士さんからIVHから抗がん剤を点滴され、その副作用の吐き気を止める薬も投与される。


ところが、夕方には吐き気を通り越して、いきなりもどした。

さすがは強力な抗がん剤だ。

私の涙もいきなり溢れた。

話で聞いてはいたが、実際にそうなると、あんなに頑張ると決めていた気持ちがぐらついてくる。


こういう時は、ヒロキさんのメールが頼りだ。

ビニール袋越しに携帯のボタンを押して送信する。


《こころです、いよいよ骨髄移植前のきつい治療が始まりました。

さっきいきなり吐いて凹んでます》


《そうか、きつい治療が始まったんだね。

でも、こころちゃんは治るんだから、気持ちを強くもってね。

僕も愛するこころちゃんを応援しているよ!》


私は、この世の中にメールというものがあって、一番助かっている人間は自分に違いないと思った。


(つづく)



↓よろしければ、ひとつ、お好みをポチお願いします

 f_02.gif プログ村

 
9ガッツポーズ 6 へ

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    『地球人も宇宙人』。
    写真はッシェル・ポルナ
    レフの真似です

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。