銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

五月の連休直前のピンチを乗り切ったこころは、地固め治療を続けて夏休みの終わる頃、骨髄移植の準備に入った。


こころと両親は、診察室に入ると、佐藤先生に向き合った。


私も父母も緊張している。

いよいよ病気の悪玉に決戦を挑む、そんな感じなのだ。


佐藤先生は説明を始めた。


「娘さんは、これまで地固め治療を順調にクリアしてきました。

いろいろ辛い時もあった筈ですが、娘さんは頑張って成果を上げてきた。

これは思い切り褒めてあげてよいことですよ。

僕は立場上、偉そうに見えるかもしれませんが、もし僕がこころさんの立場だったら、弱音を吐いてたかも、いや、きっと逃げ出してたに違いないですよ」


佐藤先生は笑って、それから真顔で言った。


「だから僕はこころさんを尊敬します」


私はそう言われてどぎまぎした。


「病気は薬や医師が治すんじゃないんです。

患者さんの生きる力が治すんです。

この治療は無理だと医学の常識が決め付けても、患者さんが闘う意欲と明るい気持ちを持ち続けていると、突然よくなったりするんです。

僕はこの仕事のおかげで、生きる力の素晴らしさをいつも思い知らされます。

そして尊敬すべきこころさんが、完全に治って普通の生活に戻れるように、これからも全力をつくしますので、よろしくお願いします」


偉ぶるところがなく、ひたむきな佐藤先生の言葉に、父母はお辞儀した。


「娘は素晴らしい先生に診ていただいて幸せ者です。

これからもお願いします」


「それで治療ですが、いよいよ骨髄移植の準備に入りたいと思います。

骨髄移植の前には、自分の骨髄が残っていてはいけないので、地固め治療の時よりもさらに徹底した処置をします。

半月ほど強力な抗がん剤投与、放射線照射を行います。

そのため、副作用も、痛み、吐き気、脱毛、口内炎、下痢、痔など、その説明書にあるように今までより強いものが出ます。

そうして自分の骨髄がない状態で、百パーセント健康なお父さんの骨髄を入れて、血液がお父さんのものと入れ替わることになります。

ただ、脳など一部は前の血液型が残ります。

よろしいでしょうか?」


私はつばを飲み込んで、父母より先に答えた。

「はい」

それに続いて父母が「よろしくお願いします」と答えた。



診察室を出た私は、廊下を歩きながら父母に言った。

「いろいろ迷惑かけてごめんなさい」

「迷惑って?」

「お父さん、骨髄取るの痛いんだよ、それにお金もいっぱいかかるし」

お父さんは振り向かずに歩きながら言った。

「父さんはこころみたいに注射が怖くないから大丈夫だ。

お金はこころに車を買ってやるつもりだったお金を使うだけだ。

お前はおっちょこちょいだから、自動車事故で大怪我する心配がなくなってよかったよ」
父の優しいせりふが嬉しかった。

「あはは、そうかも」

「それに移植が成功したら、お前も父さんの洗濯物みたいな臭いがするかもしれないな」
「えー、それだけは勘弁してよ」

私は言いながら、今まで父の洗濯物を嫌っていたのを心の中で謝った。


(つづく)



↓よろしければ、ひとつ、お好みをポチお願いします

 f_02.gif プログ村

 
9ガッツポーズ 2 へ

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

12月 « 2017年03月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック