銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
翌日になると熱は少しは下がったものの、息苦しさと腰や胸の骨の痛みはさらにひどくなってきた。


強い雨が窓ガラスを叩く音も耳障りだ。


私はヒロキさんにメールを打つ。


《ヒロキさん、弱音をはいてごめんなさい

あちこち痛くてつらいです

がんぱりたいけど、つらい》


短い文だけど、指に力が入らなくて打つのに時間がかかった。


ヒロキさんはすぐに返事をくれた。


《こころちゃん、大丈夫だよ。

弱音をはいてもいいよ、こころちゃんには僕がついているから、絶対大丈夫なんだよ。

僕は絶対こころちゃんを応援し続けるし、

愛するこころちゃんのためなら、神様に頼んで奇跡を呼んであげるから》


私はなんだか涙があふれてきた。

ヒロキさんは私のことを守ろうとしてくれてるというのが、すごく伝わってきたせいだ。


《ヒロキさん、ありがと、とても嬉しかった

愛してます》

私はそれだけ打って送信した。



こころの母親は診察室に入り佐藤先生から説明を受けた。


「どうなんでしょうか?」


「熱は少し下がりましたが、安心はできません。

こころさんは肺炎を起こしています。

普通なら抗生剤と免疫力ですぐに治せる程度の症状なんですが、

免疫力がとても弱い状態なので強い薬で白血球を増やして免疫を上げつつ、肺炎と闘っています。

そのためかなり痛みも出ていて、強い痛み止めも併用しています

娘さんにつらい思いをさせて、申し訳ありません」


「見通しはどうなんです?」


「こういう言い方はしたくないんですが、うまくゆかない確率も少しあります。

今夜が山になるかもしれません」


「そんな……」


「もちろん僕は治ると信じていますし、全力を尽くしますから、

お母さんもこころさんが病気に勝つことを信じてあげてください」



母親がクリーンルームを訪れても、痛みと痛み止めで意識が朦朧としているらしく、こころは気付かなかった。


その様子がつらくて、母親は洗面所に入ると泣いた。


その時、こころの夢の中では、車椅子のあの彼が病室まで見舞いに来ていた。

「やあ、こころちゃん」


「あれ、ウィリー・シドニーさん、どうしたの?」


「うん、こころちゃんから、つらいってメールもらったからさ」


「あなたのメアド知らないよ」


「ごめん、僕がヒロキなんだよ」


「えーっ、ウソッ、やだあ、こんなところに抜き打ちで来るなんて」


こころは焦ったが、慌ててない自分もいる。

「ごめんごめん、でも気になったから」


「ありがとう、本当はね、私も、もしかしたらそうじゃないかと思ってたんだ」


「なんだ、ばれてたか」

そう言って彼が笑うと、ヒロキさんの写真そっくりになった。


「つらそうだね」

「うん、もう痛すぎだよ、死んだ方が楽かも」


こころはそう言ってしまって、ヒロキさんに叱られると覚悟した。

でもヒロキさんは怒らなかった。

「残念でした、こころちゃんのことはね、もう神様に頼んだからね。

こころちゃんは、絶対に治るんだよ

こころちゃん、愛してるからね」


ヒロキさんはこころの手を握ってさすると、覗き込むようにしてこころの唇にキスした。

夢とは思えない、暖かく柔らかいヒロキさんの唇の感触。

こころはハッとして、目を開いた。

しかし、そこにヒロキさんの顔はなかった。


すごくリアルだったのに。


窓の外は嵐で、中庭の木々は強い風に折れそうなほどたわんで耐えていた。



(つづく)



↓よろしければ、ひとつ、お好みをポチお願いします

 f_02.gif プログ村

 
8嵐の一夜 9 へ

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    『地球人も宇宙人』。
    写真はッシェル・ポルナ
    レフの真似です

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。