銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

「あ、こころお姉ちゃん、千羽鶴、もらったんだね」

翔子ちゃんは私のベッドに下げてる折鶴の束を見て言った。


「これね、クラスの皆と私で完成したんだ。

きっと元気になって、後から思い出すんだよ。

あの時は大変だったけど、頑張ったなあって」


翔子ちゃんはうなづいてから、思い出したように聞いた。

「そういえば、退院した時、彼とは会ったの?」


私は笑いながら言う。

「なんでそんなこと、翔子ちゃんに話さなきゃいけないの?」


「だって、先輩はね、後輩の悩みや面倒をみるものなんだよ」


「それはそれは、ありがとう、先輩」


「で、彼と会ったの?」と隙をあたえない翔子ちゃん。


「それがね、入れ替わりで彼が入院しちゃってさ、会えなかったの」


「そうか、それは残念だったね」


翔子ちゃんはたぶん彼の話を聞きたかったのだろう、会えなかったと知ると、がっかりしたようだった。


「ところで、翔子ちゃん、さっき、廊下で会った人が言ってたんだけど、ウィリー・シドニーて知ってる?」


「知らない。シドニーはオーストラリアの首都でしょ」


「ブッブー、首都はキャンベラだよ。友達に聞こうっと」


ぶつぶつ言ってる翔子ちゃんをほうっておいて、私はサトミとカオリにメールで尋ねた。

《廊下で会った車椅子の人が言ってて気になったんだけど、ウィリー・シドニーて知ってる?

できたら調べてみてくれない?》


すると、すぐに二人から、後で調べておくよ、と返事が来た。


看護士のリカさんが真っ赤な点滴を持ってきた。

「吐き気や口内炎がきついかもしれないから、がんばって」


「赤インクみたいな、やな色だね」


「うん、きつい薬だから、投薬を間違わないように色がついてるんだよ」


「はあい、がんばりま~す」


なんか赤インクが体に入ってゆくようで憂鬱だ。


2時間ほどすると、カオリからメールが来た。

《さっきのウィリー・シドニー、図書館で調べてみたけど、わからなかったよ。

役に立てなくて、ごめんね》


《ううん、わざわざ調べてくれてありがとね!》


それからまた1時間して、サトミからもメールが来た。

《ネットで検索してみたけど、こころの言ってたウィリー・シドニーは見当たらなかったよ。

どういう人なの?》


《たまたま車椅子の人が口にしただけで、どういう人かは全然わかんないんだよ。

サトミ、部活で疲れてるのに、わざわざありがと》


こころは携帯をしまうと、点滴の赤インクを見つめて溜め息を吐いた。


(つづく)

↓よろしければ、お好みをひとつ、ポチお願いします
 f_02.gif プログ村

 
8嵐の一夜 1 へ

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

12月 « 2017年03月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック