銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
短編競作「裏」企画 参加作品  お題「チョコレート」「鰻」「ガンダム」


「売れ残りには福がある」


 暗い通りに、明るく照らし出された携帯ショップ。店内の棚には様々な色、デザインの携帯がずらりと並んで、まるで祭りの屋台のように賑やかだ。

 俺は気がつくと店内に足を踏み入れていた。
 明らかに浮いている緑色のハッピを着た女性店員がさりげなく近づいてくる。
「どうぞ、ごゆっくりお選び下さい」
 俺は板チョコより薄い、シルバーの携帯を手にしてみた。
「カッコイイね、これはいくらになるの?」
 俺の問いかけに女性店員がバインダーをチェックして言った。
「申し訳ありません、シルバーは在庫が切れてまして、こちらのショッキングピンクならありますが」
 女性店員はピンクの携帯を差し出した。
「男でショッキングピンクはきついよ」
 俺が拒否すると、
「じゃあ、あと、ライトブラウンもあります」
 女性店員はライトブラウンの携帯を差し出す。
「このライトブラウンは、なんだ、えらいジジイ臭いね」
 女性店員の眉が引き攣った。
「ではブラウンでも、模様入りなんかいかがですか、
 ほら、猫目石模様です」
 今度は茶色に黄色い縞模様が出てきた。
「なんかなあ、売れ残りのデザインばっかりだな」
 俺の会心の一撃に、女性店員は降伏撤退を決めたようだ。
「はあ、やっぱり。何かありましたらお呼び下さい」
 女性店員は肩を落として、ボールペンの頭をノックしてカウンターの奥に向かった。

 と、その時、俺の目はポスターの隅に書いてある文字に釘付けになった。
「キミ、ちょっと!」
 女性店員は怪訝な顔で引き返してきた。
「どうしました?」
「今、ガンダムストラッププレゼント中なの?」
 俺がポスターを指差して言うと、女性店員は冴えない顔でうなづいた。
「あ、はい。なんですがぁ、数量限定なので、こちらもほとんど終了でして、
ガンダムやザク、アムロ、シャア、ホワイトベースはないんです」
「あるのは?」
「えーと、地味なキャラがひとつだけ残ってるはずです、
 えーと、名前がハロ? ハロなんて人、ガンダムにいましたっけ?」
 女性店員は自信なさそうに呟いたので、俺はムッとした。
「何を寝ぼけてんだよ、ハロちゃんがガンダムで一番可愛いキャラじゃないか!
 じゃあ、ひとつ貰うよ!」
「え?あ、ありがとうございます。
 じゃあ、こちらのライトブラウンでよろしいですか?」
「おお、いいねえ、よく見ると琥珀みたいでカッコイイじゃん」

 携帯一式の紙袋を持ち、笑みを浮かべた客が軽やかな足取りで店を出て角を曲がると、女性店員は奥から出てきた店長に声をかけられた。

「よく売ったな、あの鰻の蒲焼きみたいな売れ残り」
「ストラップで気が変わったみたい、ハロちゃんて言ってた」
「ケッ、いい歳こいて、ハロちゃんだと」
「だめだよ、店長、客の悪口言っちゃあ、アハハハ」
 店長と女性店員はそこで爆笑した。


 俺は急に鼻がムズムズしてきた。
 ファッ、ファッッ、ハックショーンッ!
「やばい、花粉症始まったかあ?
 でもハロちゃんのストラップ、ゲットしたから、今日は幸せだなあ」
 俺は空をちらと見上げて、独身寮への道を急いだ。
 
 空には満月が、ハロのような顔で静かに微笑んでいた。             了


 f_02.gif プログ村

 ホーム トップへ

スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。