銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

水曜日。

朝の検査で昨日に続いて白血球が1万キープしている。

そこでお昼前に、佐藤先生にマルクされた。

うう、やっぱり痛いよ~。

ヒロキさんにメールでぼやいてみる。


《またマルクされました。

退院のためだと思って耐えましたよ。

これで退院できなかったらサー・ガッツに仕返しするのら》

五分ぐらいで返事が来る。


《えらいね。

と思ったら、仕返しって問題ありだよ(笑)》


《だってえ、それを目標に耐えてきたんだもの。

ところでヒロキさんの病気はどうですか?》


《うん、僕の方はまあまあ。

手術までしないで済むかもよ》


《それはよかったです》

と送信しかけてやめて、書き足した。


《それはよかった、安心しました。

大好きなヒロキさんの病気が大変だったら、私、困ります。

これからもいっぱい叱ってもらったり、応援してほしいです》


《オーケー、僕も大好きなこころちゃんのために、ずっと元気でいるよ。

一緒にがんばろうな!》


《ヒロキさん、ありがとう!》


携帯を見てると、窓際の翔子ちゃんの声が飛んできた。


「何ニヤニヤしてんの?気味悪いよ」

「あ、えへへ」

「彼氏とうまくいってんだ?」

聞かれたこころはもう否定しない。


「まあね、見せてあげる」

こころはヒロキさんの写真を翔子ちゃんに見せた。


「ふうん、まあまあだね」

意外とそっけない感想だ。

「まあまあじゃなくて、カッコいいよ」

すっかりヒロキさんに、のめり込んでいるこころだった。


夕方になって、佐藤先生と看護士のアカネさんが、にこにこしてやってきた。


「こころちゃん、おめでとう!」

「寛解だよ、マルクの結果、悪い白血球はほとんど見つからなかった。

第一段階は退院だよ!」


「ほ、ほんとに?」


「うん、得意のポーズを決めてよ!」

「サー!」

こころが拳を握ってガッツポーズする。

すると、佐藤先生やアカネさんも「サー!」と真似した。


ただ、私より先にクリーンルーム出たのに、まだ退院できない隣の翔子ちゃんに悪いなと振り向いた。


でも翔子ちゃんも笑いながらガッツポーズして見せた。

「お姉ちゃん、第一段階は私も早かったんだ、気にしないで」


佐藤先生が言う。

「とりあえず一週間の退院だけど、家でたまった宿題とかしておいで」


ひゃー、何も勉強のことなんて言わなくてもいいのに。

「佐藤先生、意地悪だあ!」

「うそだよ、たっぷり休んで、友達に会って遊んでおいで!」

ナースステーションでリカさんや他の看護士さんにもお礼を言った。

お父さんが迎えに来ると、こころは退院した。




 f_02.gif プログ村

 
6そよ風 2 へ

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

12月 « 2017年03月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック