銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
お昼にちょっとした出来事があった。

私のベッドから見て一番奥、窓際の小学2年生の女の子優奈ちゃんが午前の診察で許可が出て退院したのだ。

もちろん、喜ぶべきことなんだけど、ぽつんとベッドが空いた。

すると、今までは私に何かと生意気な口を聞いてきた翔子ちゃんが、突然、自分のベッドで泣き出したのだ。

退院した子はいつも寝てたから、こころは殆ど話もしなかったのだが、どうしたのかと翔子ちゃんに聞いてみた。

「だって優奈ちゃん、腸閉塞の手術して、一ヶ月ぐらいで退院だよ。

そしてもう二度と入院ないんだよ。

私なんか、半年たっても、ちょっと退院しても、また次の入院だよ。

不公平だよ」

生意気な口を聞いても、やっぱり小学生なんだ。

翔子ちゃんは私と同じ白血病らしい。

看護士のアカネさんが何かあったら、応援してあげて、私たちにも知らせてねと言っていた。

私は翔子ちゃんのベッドに行って背中を撫でてあげた。

「翔子ちゃんだって順調に治ってるでしょ」

「けどさ」

「けどじゃないの。病気の治りは人によって違うんだから、自分の病気を少しずつ治せばいいんだよ」

「……うん」

「大体ね、隣の人が退院したぐらいで、先輩が泣いてたら、後輩の私が泣けないよ」

そう言うと、翔子ちゃんはフフッと息をした。

「そうだよね、よし、うそ泣き終了」

そう言って翔子ちゃんは涙を拭って笑顔を見せた。

おいおい、うそ泣きじゃないだろ。

私は笑いをこらえた。

でも本当は翔子ちゃんが隣にいて泣いてなかったら、私がこっそり膝を抱えて泣きそうだったかもしれない。


翔子ちゃんが院内学級に出かけた後、こころは佐藤先生に診察室に呼ばれた。

「なんですか?」

「調子はどうだい?」

「午前にも聞かれたよ」

「ま、調子はどうは先生のこんにちはだよ」

ここで私は翔子ちゃんのことを言わなきゃと気付いた。

「そうだ、窓際の優奈ちゃんが退院したでしょ、

それで翔子ちゃんが泣き出しちゃって、慰めたけど、困ったよ」

「へえ、そうだったんだ。

こころちゃんがお姉さんしてくれたのか、ありがとう」

佐藤先生はまぶしそうに私を見て、私は照れた。

「別に何もしてないけどね」

「呼び出したのは他でもない、そんな、素敵なこころちゃんに俺からプレゼント」

佐藤先生はケースに入ったCDを差し出した。

ジャケットを読んだ私は、少し噴き出しそうなタイトルだと思った。


「愛は勝つ?」

「そう、KANの、愛は勝つ。

俺がね、こころちゃんぐらいの歳の頃に流行った歌でさ、

病気と闘うような歌詞にも聞こえて、受け持ちの皆から好評なんだよ。

よかったら聞いてくれ」

「ありがとう」

早速、病室でCDラジカセにかけると、辛い時を励ましてくれる歌で、病気の私を応援してくれるようにも聞こえて、すごくよかった。

入院のテーマソングになりそう。

ガッツポーズの佐藤先生らしいや。

嬉しくて泣けてきた。

 f_02.gif プログ村

 
4治療-6 へ 

 
メルコイ 目次へ 


  ホーム トップへ
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    『地球人も宇宙人』。
    写真はッシェル・ポルナ
    レフの真似です

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。