銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

翌日からいよいよ、投薬が始まった。

朝食の後に、看護士のリカさんから、錠剤が何個も渡される。

「こんなに?

私、今まで薬飲んだ記憶あまりないのに?」

「そうなんだ、一挙にトップになれるわよ」

リカさんは、サトミみたいな言い方で私を笑わせる。

「なんの薬?」

「そうね、胃が荒れないようにとか、

点滴で腎臓が荒れないようにとか、

このプレドニンは悪い細胞をやっつける薬、

苦いけど、副作用でしばらくして食欲増進するよ。

メインの薬は点滴で3本でてるから」

錠剤を飲むと、今度は点滴を左の腕から入れられた。


こころは隣のベッドを振り向く。

「翔子ちゃんもこんなにした?」

翔子ちゃんはマンガから顔を上げてピースサイン。

「もちろん」

「それで副作用とかは?」

「第一段階はあまりなかったよ。

ちよっと吐き気と、顔がむくんできたぐらいかな」

「じゃあ楽勝だね」

「それは人によって違うんだって。

こころお姉ちゃんは少し歳いってるからな」

クッ、このコ、可愛くないよ。

そう思ってどう言い返そうかと考えてたら、佐藤先生がやって来た。

「どうだい?

昨夜は眠れたかい?」

「ええ、ぐっすり」

ホントは消灯の後、また少し泣きそうになった。

でも、ヒロキさんに、絶対に病気に勝つと誓ったからには、泣いてなんかいられない。

そう思ったら、なんとか涙が止まったのだ。

「じゃあ、強いお姉さんに、お昼前に、ルンバールをがんばってもらおうかな」

「ルンバール?」

「最初の日、マルクやっただろう、あの形で今度は注射するんだ」

ちょっとびびったけど、私には強い誓いがある。

「もう、ルンバでもサンバでも好きなだけして下さい」

佐藤先生は笑い出した。

翔子ちゃんも私にピースサインを送ってくれた。

「じゃあ、詳しい説明は後でまたするから」


母が来ると、こころは佐藤先生の説明を聞いて、検査室に入った。

普通の点滴では脳の方まで薬がまわらないので、骨髄の内側から入れるということらしい。

「じゃあ、いくよ」

マルクの時と同じように腰をゴリゴリされて、

汗がにじんでくる。

「骨髄を吸引するよ、頑張って」


こころは心の中につぶやく。

こころは頑張ってる、頑張ってる、早く終わって!

しかし、すぐには終わらない。

「もうちょっとだよ」

こころは頑張ってる、頑張ってる、もういいってば!

「じゃ、今度は薬を入れるね」

しかし、感覚はない。

「よおし、終了、頑張ったな」

「えへへ、すごいでしょ」

と言うそばから、腰にしびれがじーんと湧き起こった。

「先生、しびれてきた」

「うん、1時間ぐらいじっと安静にしててね」

こころはしびれを我慢しながら、自分が最初のマルクの時より強くなっていると感じた。


 f_02.gif プログ村


 
4治療-2 へ 

 
メルコイ 目次へ 


 ホーム トップへ
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    飛べなくても頭が悪くても
    地球人も宇宙人だ(笑)

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

12月 « 2017年03月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック