銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
しつけの行き届かない娘ですみません。

先生、それで入院期間はどれぐらいみればいいですか?」

「薬の効果を見ながらなので、最初にいつまでと断言できないんですが、

お嬢さんの年齢やいろいろ総合して、第一段階は早ければニ、三週間といったところかと思います」

私は溜め息を吐いた。

第一段階がそんなにかかるなんてやっぱり大変な病気なんだ。

「第二段階は、まだ残っている白血病細胞をとことん叩いてやっつけます。

入院して行う地固め療法を何回か繰り返し、通院で行う維持強化療法に入ります……」

それからも佐藤先生の説明は続いたが、急に全然頭に入らなくなった。

私は途中で気付いたのだ。


6割から8割が治るということは、少なくとも2割は治らないってこと?


私がその2割かも。

怖くなった。


もう少し手続きの話があるというので母は残り、こころは看護士さんに付き添われて小児病棟に戻った。

看護士さんはアカネさんといって28歳だ。

「こころちゃんも最初は不安だと思うけど、なんでも聞いてね。

そうすると安心できるからね」

「ありがとう」

そう言いつつ、私は一番不安なことを怖くて聞けないまま、病室まで戻ってきた。

翔子ちゃんや、さらに奥のベッドにいたもっと小さい子もいない。

「困ったこととかあったら、なんでもいいから呼んでね。

そのために、私たちがいるんだからね」

私は不安を打ち明けられない自分に腹が立ってきて、涙が溢れそうになった。

「大丈夫だよ。

ああ、見えても、佐藤先生、頭と腕はいいから」

私が少し笑うと、看護士のアカネさんは私の手を握った。

「きっとよくなるから、ね」


アカネさんが出て行くと、私はティッシュで頬を鼻をかみ、急いでヒロキさんにメールした。

《ヒロキさん、私、急性白血病なんだって(泣)


先生は6、8割治るとか言ったけど、2割は治らないってことでしょ。


ショックだよ(泣)


私、死ぬのかな……》


返事が来たのは1時間くらいたってからだ。


《メール読んだけど、すごくがっかりした。

こころさんが一緒にがんばろうって言うから、嬉しくて始めてるのに、

もう弱音を吐いて、死ぬのかな、だなんて!


まわりが死ぬかもと言っても、

こころさんには「私は絶対生きるの」って叫んでほしい!


僕の病気だって軽くはないんだよ、

けど僕はこころと一緒に生きる!

こころさんも「絶対、生きる」って思ってほしい!

応援してるぞ!》


読むうちに、カーッと胸が熱くなった。


ヒロキさんの真剣な気持ち、生きる力がビリビリ伝わってきた。

自分の弱さ、甘い考えが恥ずかしくて、私は声を上げて泣いた。


それから、返事のメールを打った。

《ごめんなさい、私、失礼なメールしちゃって!


私にはヒロキさんがいるからすごく心強いです!

誓います!

きっと私がんばって病気に勝ちます!


絶対勝ちますよ!!!》


 f_02.gif プログ村

 
4治療-1 へ 

 
メルコイ 目次へ 


 ホーム トップへ
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    『地球人も宇宙人』。
    写真はッシェル・ポルナ
    レフの真似です

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。