銀河径一郎 小説、物語の部屋

銀河径一郎による不思議な物語、怖い話、面白い小説、ファンタジーなど。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
 私はもともと風邪もめったに引かない、元気な子供だった。
 
 小学校の朝礼で倒れるコを見ると、なぜ倒れるのか理解できなかったぐらいだ。
 
 中学校からは卓球部に入った。
 
 中村サトミとはその卓球部から一緒だ。

 
 中学の修学旅行の時、旅館に卓球台があった。
 
 皆でやることになったのだが、サトミはテニス部面には本気でスマッシュする。
 
「こっちは素人なんだから、手加減しなよ」

「前、卓球て簡単そうて言ったじゃん」

「言ったかもしんないけど」

「それに卓球はテーブルテニスだよ、素人じゃないっしょ」

 卓球もずっと中腰で速い動きだから、真剣にやると、ハードなスポーツなのだ。
 

 個人戦だとつまらないというので、卓球部の私とサトミはへたっぴさんと組まされた。
 
 その時、私のパートナーになったのが、和田カオリだった。
 
 カオリはピアノがすごく上手だが、運動は苦手なお嬢様だった。
 
 カオリは羽子板のような球を返した。
 
 すると相手のサトミも今度は打ちやすく返した。
 
 楽しい思い出のひとつだ。
 
 班も一緒だったので、その夜、私はカオリといろいろ話した。
 
 カオリは小学校の頃はよく倒れていたと話した。
 
 私は「倒れるってさ、どうなるの?」と聞いた。
 
「汗が出てきて、耳鳴りがして、

 体の骨が溶けたみたいにへなへなになって、

 急にまわりの世界が寝ちゃうのよ」
 
「まわりの世界が?」
 
「だって、私は寝る気はないもの、寝たのは、まわりの世界でしょ」
 
 聞いてた皆が笑った。
 
 サトミとカオリは私と同じ女子高に進んだ。
 
 自然と、三人はよくつるんで遊びや買い物に出かけるようになった。
 
 ところが、いつの間にか私の体に、病魔が忍び込んでいたようだ。
 

 こないだの古典の時間、私は急にめまいと耳鳴りに襲われた。
 
 少し振り返ろうとした私は椅子から右にバランスを崩した。
 
 そして、カオリが話してたように、急にまわりの世界が寝ちゃった。
 
 気がついたら保健室のベッドだった。

 机を抱えたまま、椅子から床まで音を立てて倒れたらしい。

 だが、私にはまったく倒れた記憶がない。

「たいしたことないと思うけど、安心のため大きな病院で診察してもらいなさい」

 保健室の先生は笑顔で言った。
 
 家に帰って、母に相談したら、
 
「本当に倒れたの?」と笑われた。

 なにしろかかりつけの医者にさえ、ニ、三年に一度しか行かないひとなのである。
 
「うん、自分でも信じられないよ」

「大丈夫と思うけど、保健の先生が言うなら、明日、行ってきなさいよ」

 母は言った。


 f_02.gif プログ村

2発病-2  に続く 

 
メルコイ 目次へ 


 ホーム トップへ

スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

gingak
  • Author: gingak
  • 銀河 径一郎
    (ケイイチロー・ギンガ)
    好きな言葉は『信じる』。
    『地球人も宇宙人』。
    写真はッシェル・ポルナ
    レフの真似です

    ↓よろしければ、おひとつ、ポチお願いします

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

新着はこちら!New!

全小説 ツリーリスト

最近いただいたコメントなど

アクセスカウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter小説

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。